ドミノ・ピザ
March 26, 2015

ブラウン管のテレビ

テレビ●先日、ついに古いブラウン管のテレビが映らなくなってしまった。デジタル対応のテレビは一台あるので、特にすぐに困ることはないのだが、どうしたものか。
●テレビのアナログ放送自体はとっくに終わっているのだが、アンテナではなくケーブル経由でテレビを映していたので、これまではずっとケーブルテレビがデジアナ変換サービス放送をしてくれていた。それがついに終了。ブラウン管テレビはただの重たい箱になった。テレビって、放送がないとなんの役にも立たないのだということを改めて実感。なんという潔い単機能性。念のため、チャンネル設定モードにしてマニュアルで全チャンネルに合わせてなにか映ったりしないかと確認してみたのだが、なにも映らない。謎の海賊チャンネルが現れるドラマティックな展開は訪れない。
●廃棄方法を確認すると、なんだか煩雑でかなり萎えた。しばらく置物として飾っておいてみるか。

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「オーケストラ・アンサンブル金沢第31回東京定期公演」です。

次の記事は「「ピアニストはおもしろい」(仲道郁代著/春秋社)」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ