June 26, 2015

ギルバート・キャプランと「復活」

●ギルバート・キャプランの名前は、マーラーの交響曲第2番「復活」専門の指揮者として知られている。もともとは経済誌の編集長だったが、「復活」に魅せられて指揮を猛勉強して、1987年にロンドン交響楽団を指揮してCDを録音するにまで至った。そのときのレーベルはCONIFERだったと思う。で、その後も「復活」専門の指揮者として各地で活動し、なんと2002年にはウィーン・フィルとのレコーディングまで実現してしまった。最近では、ウィーン室内管弦楽団を指揮して、「復活」室内オーケストラ版まで録音している。
●最初のCDが出た頃、自費でホールを借りたりオーケストラや合唱を雇ったりして「復活」を指揮した酔狂な男がいるという話が日本にも伝わってきて(うろ覚えだけど、プロモーションで来日したんじゃなかったっけ?)、ある音楽誌の編集長が「経済誌の編集長はずいぶん儲かるんだなあ」と感想を漏らした。うーむ、いくらなんでも雑誌の編集でそんなに稼げるわけないよなあと、自分も釈然としなかったんだけど、ずっと後になって知ったことによると、彼はその経済誌の創業者で、87年に会社を7,200万ドルで売却して、その後しばらく編集長に留まっていた、ということらしい。なるほど、それだけの資産があれば、オーケストラを雇うくらいなんということもないか。当時、日本はバブル期の絶頂だったが、それでも自分で創業した会社の株式を売却して大金持ちになるというのは、一般人の発想になかったと思う(そういうノリはITバブル以降かと)。
●ちなみにかつてキャプランが創設した institutional investor は、今でも健在のようだ。

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「続・ノートPC起動しない事件」です。

次の記事は「自己言及キラキラネーム」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。