ドミノ・ピザ
August 11, 2015

フェスタサマーミューザKAWASAKI 2015~秋山和慶&東響「復活」篇

●9日はフェスタサマーミューザの最終日。秋山和慶指揮東響によるマーラーの交響曲第2番「復活」(ミューザ川崎シンフォニーホール)。ソプラノに天羽明恵、メゾ・ソプラノに竹本節子、合唱は東響コーラス。この音楽祭に足を運ぶようになってもう何年も経つけど、フィナーレコンサートを聴いたのは今回が初めて。前にも書いたけど、今年はマーラーの「復活」イヤーなので、ぜひ聴いておきたかったので。客席は満席。
●ゆったりとしたテンポで悠然と開始された堂々たるマーラー。自分の分類では最強の中二病名曲なんだけど、過剰な演出で煽り立てることのない健全かつ妄念レスな「復活」。それでも楽曲のサイズが作り出すスペクタクルは十分。ミューザの空間を豊麗なサウンドが満たしたのは爽快だった。合唱もすばらしい。
●サマーミューザで配布されている総合プログラム、今年は表4(裏表紙)から開くと、「川崎1dayトリップ ぶら~り♪のんびり 大師線の旅」という特集記事が載っていた。そういえば京急大師線って乗る機会がないし、川崎大師も一度も行ったことがないなあと思って眺めていたら、鈴木町駅に「味の素グループうま味体験館」がオープンしたという記事が。味の素瓶封入体験とか発酵タンク見学とか、なかなかおもしろそう。思わず気になって、味の素の基礎知識をサイトで眺めていたら、うま味体験館もさることながら、むしろ味の素そのものが欲しくなってきた。うま味上等。

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「中国vsニッポン@東アジアカップ2015」です。

次の記事は「「殊能将之 読書日記 2000-2009 The Reading Diary of Mercy Snow」(講談社)」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ