October 29, 2015

Google Play Music vs Apple Music

●しばらく前からGoogle Play Musicを使いはじめた。いわゆる定額制音楽配信サービスだが、現時点でGoogle Play MusicとApple Music、さらに Naxos Music Libraryの3つの種類を併用していることになる。Naxos Music Libraryは他の2種とは違った利用価値があるので別枠と考えるとして(曲名や演奏家名が日本語化されていることや、検索時における同曲異演の一覧性等)、Google Play MusicとApple Musicは使い分ける明確な理由もなさそうなので、どちらか一方に絞りたいところ。で、どっちにするか。しばらく意識的に両方を使ってみて感じたところを挙げておく。あくまでクラシックの音源をストリーミングで聴くという前提で。
●その1:音源の数。どちらもほぼ同じレーベルと契約しているようで、気にするほどの違いはなさそうだが、検索するとおおむねApple Musicのほうがたくさんヒットする。ただし、必ずしもApple Musicのほうが音源が豊富とはいえない面もあって、Apple Musicはいろんなコンピレーションとかもあれこれ並ぶのに対して、Google Play Musicはそういったタイトルを弾いているようにも見える。微妙。
●その2:アプリケーション。Windowsのデスクトップ機での利用を前提としていえば、Apple MusicはiTunesを起動しなければいけない。Google Play MusicはChrome ブラウザで動く。デザインはApple Musicのほうが美しい。Google Play MusicはスマホアプリをPCで使っているような感触で、画面がカッコよくない。Apple Musicの難としては、iTunesがときどき挙動不審になるところ(ウチではなんどかフリーズした。バージョンアップで解決しているだろうか?)。全般としては、どちらもあまりできがよくないなという印象。痛み分け。
●その3:必要な情報の表示。Google Play Musicが偉いのは、クラシックのアルバムを表示させると、ちゃんと「作曲者」のフィールドが表示されるところ。Apple Musicにはこれがない。一枚のアルバムに複数の作曲家による小品がたくさん入っているときなどは、Apple Musicで聴くとなにがなんだがわからなくなる。まあ、もともとクラシックのアルバムに関してはメタデータがどうしようもないのだが、それはGoogleやAppleの責任ではないしなあ……。
●というわけで、現時点ではどっちがいいのか、判断が付かない。実用性という点ではその3でGoogle Play Musicがリードしているんだけど、画面が美しくないのがどうにも。もうしばらく両方を使い続けてみるか?

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「ゲーゲンプレス」です。

次の記事は「サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルのベートーヴェン交響曲全曲演奏会」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。