ドミノ・ピザ
December 9, 2015

J1昇格プレイオフ決勝、アビスパ福岡vsセレッソ大阪

●J2の1位大宮と2位磐田は無条件でJ1に昇格決定、残る1つの昇格枠を賭けての3位~6位のプレイオフは、3位福岡の勝利で終わった。この昇格プレイオフも最初はずいぶんひどい仕組みだと思ったが、J1の変則チャンピオンシップに比べればずっとマシに思えてくる。これまではこのプレイオフで下剋上が連発して、結果として戦力の乏しいチームがJ1に昇格して、昇格後は惨憺たる成績に終わる、というケースが続いた。しかし今回ようやく「リーグ戦3位のチームが3番目の昇格枠をゲットする」という、納得の結果に。いや、本来これが当然のことだと思うんだけど……。
●しかし、このプレイオフ決勝、録画でチラッと見たけど、これはもうホントに福岡が勝って(正確には引き分けて)よかったと思える。だって、まず一発勝負なのに会場が長居。これは事前にそう決まっていたもので、たまたまセレッソのホームになってしまったっていうんだけど、福岡から見たらあんまりじゃないの。収容人数の多いスタジアムが必要だという事情はあったにせよ、なんだかフェアじゃない。
●しかも選手。セレッソ大阪はとてもJ2のクラブとは思えないほど超豪華。現ニッポン代表の山口蛍以外にも玉田圭司、田代有三、橋本英郎、関口訓充、茂庭照幸、田中裕介等々、元代表やそれに準ずるクラスの選手がずらり。ベンチに扇原とかエジミウソンがいる。これだけ豪華メンバーをそろえておきながらJ2で4位だったんすよ!? どう考えても、なにかまちがってる。この戦力で4位は、成功じゃなくて失敗に終わるべき。そうサッカーの神様が考えたとしか思えなかった、後半42分に福岡の同点ゴールが決まったとき。
●と、書いてはみたものの、実のところワタシは福岡の監督である井原正巳の喜ぶところが見たかっただけなのかも。現役引退は2002年。満を持して監督になった、って感じがする。

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「デュトワ&N響の「サロメ」演奏会形式」です。

次の記事は「アンドレアス・シュタイアーのシューベルト、シューマン、ブラームス」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ