December 18, 2015

「スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒」公開とサウンドトラック

●いよいよ本日「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」公開。10年ぶりの新作であり、ディズニーに移って最初の「スター・ウォーズ」でもある。一刻も早く見たい気持ちと、「いやいや、これはもうジョージ・ルーカスの作品じゃないんだから、別物の『スター・ウォーズ』なんだよ」という気持ちが混ざっている。もっとも年末進行の折、年内に見られるかどうかも怪しいところではあるが……。
●で、今回のオリジナル・サウンドトラックだが、映画の公開日と合わせてリリースされることになった。通常、サウンドトラックは前宣伝も兼ねてか映画公開よりも早くリリースするものだと思っていたが(それにレコード業界の発売日と映画業界の公開日はなかなか合わないだろうし)、ネタバレを防ぐためか、今回は発売日までトラックのタイトルまで伏せられるという徹底ぶり。昨晩確認したのだが、ちょうど午前0時となったところで、ディズニーの公式サイトにトラックタイトルが表示された。
●じゃあ配信のほうはどうなっているのかなと思ったら、なんと、もうApple Musicで聴けるじゃないすか(どういうわけかGoogle Play Musicでは現時点で見つからないのだが……)。今、聴いている。これまで「スター・ウォーズ」のサウンドトラックはロンドン交響楽団が演奏してきたが、今回はロサンジェルスで録音が行なわれた。で、数日前に情報解禁となったようなのだが、なんと、「フォースの覚醒」のオープニング・テーマとエンド・タイトルをドゥダメルが指揮したのだとか(New York Times, LA Times)。オケはLAフィルのメンバーを含むスタジオ・ミュージシャンたちで、突然ドゥダメルがスタジオにあらわれてびっくりした、と。こういうのもカメオ出演っていうんすかね。

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「真・手作りチョコ」です。

次の記事は「バッティストーニ指揮東フィルの「第九」」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。