ドミノ・ピザ
August 17, 2016

プレミアリーグ2016/17シーズン開幕

●はっ。気がついたらイングランドのプレミアリーグが開幕しているではないの。オリンピックの陰に隠れてしまったのか、ぜんぜん話題になっている感じがしない。しかし東京は最高気温36度とか言ってるのに、もう開幕とは。
●しょうがないので結果だけチェックしておく。まず気になるのは昨季奇跡の優勝を果たした岡崎慎司所属のレスター。カンテが引き抜かれたが、ヴァーディ、マフレズは意外にもチームに残留。第1節のハルvsレスター戦では、岡崎はベンチスタート。ヴァーディの相棒は新たにCSKAモスクワから移ってきたナイジェリア人のムサ。クラブレコードの移籍金で獲得した選手なので、レスターとしては定位置確保が前提だろう。岡崎は後半途中から出場。やはり今季は昨季以上にポジション争いが厳しくなりそう。で、試合は昇格組のハルが2-1で勝利するという番狂わせ(なのか)。一試合だけではなんともいえないが、レスターが「魔法が解けた」状態にならないことを願うばかり。
●サウザンプトンの吉田麻也はセンターバックで先発フル出場した模様。ワトフォード相手に1-1のドロー。
●モウリーニョが監督に就任して、さらにイブラヒモヴィッチがやってきたマンチェスター・ユナイテッド。伝統と格式のクラブから一気に悪役キャラに変貌した感あり。ボーンマス 1-3 マンUで快勝。マタ(意外にも先発)、ルーニー、イブラヒモヴィッチのゴール。ドルトムントから移籍のムヒタリアンはベンチスタート。
●新監督ではグアルディオラ率いるマンチェスター・シティ、コンテ率いるチェルシー、ともに開幕戦を勝利。コンテはイタリア代表監督からの転身で、EUROでも大健闘だったので期待大。今季のプレミアリーグはモウリーニョ、グアルディオラ、コンテ、クロップと監督に役者がそろった(あとはヴェンゲルとラニエリも)。監督同士のバトルが熱い。スペクタクルを期待するならグアルディオラなんだろうけど、チーム力の拮抗するプレミアリーグでどれだけ流儀を通せるのかが見どころか。

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「練馬区立美術館~しりあがり寿の現代美術「回・転・展」」です。

次の記事は「FM PORT番組「クラシックホワイエ」が通算300回目の放送」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ