April 4, 2019

J1リーグ第5節 マリノスvsサガン鳥栖、そしてコパ・アメリカのニッポン代表は?


●先週末のマリノスvsサガン鳥栖は0対0のドロー。内容的には決して悪くなく、ポステコグルー監督の狙い通りに65%のボール支配率で、決定機の山を築いたが、20本シュートを打ってスコアはゼロ。勝点3を獲るべき試合だった。ポステコグルー監督はついにキーパーの飯倉をベンチに置き、J3の琉球から獲得した朴一圭を起用。でも、やっぱり飯倉と同じように足でパスをつなごうとしてピンチを招いていたような気が。先発は右サイドバックに松原健が復帰して今季初先発。一方、左サイドバックは本来右の広瀬陸斗。高野遼はケガ、ティーラトンはタイ代表の試合があったためかベンチ。
●ところで、6月のコパ・アメリカ(南米選手権)に参加するニッポン代表のメンバーをどうするかという問題があって、一部報道では大学生の起用もあるんじゃないかという話まで出ていた。欧州組は所属クラブが出してくれない(シーズンオフなので選手を休ませたい)、Jリーグはシーズン中だから選手を出せない。つまりシーズンオフでもシーズン中でも出せない。笑。招待参加だから公式戦扱いにはならないということらしい。話の落としどころとしては、Jリーグは各クラブ1名まで選手を出す、みたいなルールを定めるか。欧州組でも出場機会を失っている選手は呼べそうな気もする。きっと柴崎岳は大丈夫。レスターを退団するっぽい岡崎慎司の復帰もあるかも。あと、ニュルンベルクの久保裕也とか、ポルティモネンセの権田修一はどうなのか。Aリーグが終わっているとすると、ひょっとして本田圭佑の復帰とか? ベルギーのシント=トロイデンは日本企業の傘下にあるので、所属選手を出してくれないものか。冨安健洋、鎌田大地、遠藤航、代表歴がなくてもよければ関根貴大、木下康介もいる。それから、ロシアに行った西村拓真は呼べないのだろうか……。とか、やっていると、寄せ鍋ジャパンというかごった煮ジャパンみたいなチームができそう。奇跡の三浦カズのカムバックとか(さすがにない)。

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「「緋色の研究」新訳版 シャーロック・ホームズ」です。

次の記事は「桜は満開、ソメイヨシノ、コマツオトメ、ヨウコウ」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ