March 2, 2020

沖縄で琉球交響楽団を取材

okinawa_tedakohall.jpg
●週末は取材で沖縄へ。以前より予定していた琉球交響楽団の取材。本来なら定期演奏会が開かれるはずだったのだが、公演は新型コロナウィルスの影響で中止に。それでも関係者のインタビューや練習の様子などの取材は予定通りに敢行することになり、一泊二日で沖縄まで行ってきた。写真は本番が予定されていた浦添市てだこホール。記事になるのはまだ少し先なので、できあがったらまた改めて。
●沖縄はTシャツ姿も目立つ初夏の陽気。唯一寒さを感じたのは、お店に入って冷房が効きすぎていたとき。これだけ温暖な気候で過ごしていると、ずいぶん気分も違ってくるだろうなと思う。車で通った国際通りは週末の昼時でも閑散としていて、どの業界も大変。
●琉球交響楽団は近く萩森英明作曲「沖縄交響歳時記」のCDをリリースする。沖縄民謡などを素材とした全6楽章からなる作品。楽団創立20周年を記念して4月6日にサントリーホールで大友直人指揮による東京公演が開催され、そこで演奏される。もうチケットは完売なんだとか。さすがにその頃にはウィルス騒動は一段落していると願いたい。

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「東京オペラシティアートギャラリー 白髪一雄 a retrospective」です。

次の記事は「「完全な真空」(スタニスワフ・レム著/河出文庫)」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ