May 19, 2020

Zoom、Skype、Teams、オンライン・ミーティング

zoomでミーティング
●今回のウィルス禍によって爆発的に普及したのがオンライン・ミーティング・アプリ。代表格はZoomだろうが、ほかにも有力ツールがいくつもあって、ワタシがこの一か月ほどで実際に仕事で使用したのはZoom、Skype、Teamsの3種類。決して目新しいツールではないが、みんなが必要に迫られて使ってみたら思いのほか簡単で便利だったという感じだろうか。緊急事態宣言解除後の「新しい生活様式」においてもこれらのツールは使い続けられるはず。会議、打合せ、写真撮影を伴わないインタビュー取材はオンラインでもできることがわかった。記者会見もこちらのほうが出席率が高まるのでは。広い首都圏では移動に伴う時間と疲労は無視できない。もっとも、オンラインの限界もあることはたしかで、どの程度の割合がオンラインに移行するのかは未知。「かつてはあんなに電車に乗ってばかりいたのか!」と後から振り返ることになるのかどうか。
●Teamsはビデオ会議システムというよりは、ビジネスユーザー向けグループウェアか。Zoomは「Zoom飲み」などという言葉ができたように、ゲスト参加の多い一回性のミーティングでは現状これ一択といった様相。なんといってもゲストはアカウントが不要なので、ハードルが低い。
●最近、印象的だったニュースは「交渉は全てZoomで、インテル960億円買収の舞台裏 ムービットを傘下に」。企業買収すらビデオ会議で完結するとは!

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「BRUTUS 2020年6/1号 No.916 「クラシック音楽をはじめよう」」です。

次の記事は「ピーター・ドイグ展の3DVRが公開」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ