April 16, 2021

今ごろ「エヴァQ」

●うーむ、どうしよう、「シン・エヴァンゲリオン」。社会現象にもなった「エヴァ」の最初のテレビシリーズ(の再放送)が1997年くらい? それから時が経ち、まさか2021年になって「エヴァ」の新作が公開されているという驚き。しかし「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」と「:破」までは映画館で見たが、「:Q」を観ていない。すでに「:破」で話に付いていけなくなっているような実感もあるのだが、「:Q」を観ないで「シン」を観るという選択肢はないだろう……。
●というわけで、Amazonの配信で「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を観てみた! スゴい! 絵がスゴい! スゴすぎてなにが起きてるかわからない! 話もさっぱりわからない! シンジ置き去り! 自分も置き去り! みんなで勝手に盛り上がってる! 昔はチェロを弾いていたシンジがいきなりピアノを弾けるようになってる! カヲルはどうして首のチョーカーを簡単に外せるの? 使徒だから? この荒廃した地上でネルフもヴンダーもどうやってあれほどの重工業を実現しているの? 驚きと疑問が尽きないまま見終えてしまった。碇シンジに対して感じる「イラッ!」とした思いが、なんだか懐かしい。で、どうするのか、「シン」(まだ迷ってる)。
●一時期、よくわからない形態の生物はみんな使徒に見えた。そういえば、今、襲来している放射状の突起を持ったアレも使徒かもしれない。
●というわけで都の新規感染者数だが、緊急事態宣言が解除されて着々と感染が拡大しており、すでに昨年夏のピークは越えている。久しぶりに各国の人口あたり新規感染者数の7日移動平均を見てみると、ワクチン接種で先行するイギリスの新規感染者が日本より減っていて驚く。一方、フランスなどはまったく収まっておらず、欧米の間でも国により状況がずいぶん違っている。

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「サントリーホール開館35周年記念事業発表会見」です。

次の記事は「鈴木雅明指揮NHK交響楽団のハイドン、モーツァルト、シューマン」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ