June 7, 2022

ニッポンvsブラジル代表 キリンチャレンジカップ2022

ブラジル●ニッポン代表の親善試合シリーズの第2弾は国立競技場でのブラジル代表戦。地上波民放でテレビ観戦。ブラジル代表はネイマールをはじめスター選手たちがずらりと並ぶ強力布陣。森保監督はやはり前のパラグアイ戦は主に控え組という扱いだったようで、ブラジル戦に長友や原口など実績豊富な選手を起用してきた。ただし、長友は右サイドバックで、左サイドバックは中山雄太。この辺りは不在の冨安を考えると含みも感じなくはないが、ともあれ、この監督の序列重視は変わらず。実際、長友は奮闘していたのだが。でも、でも……。
●というわけで、日本の布陣はGK:権田-DF:長友(→山根)、吉田、板倉、中山雄太-MF:遠藤、原口(→鎌田)、田中碧(→柴崎)-FW:伊東(→堂安)、南野(→三笘)-古橋(→前田大然)。この日の先発に不在の大迫、冨安を含めたメンバーが森保監督の現時点でのベストメンバーなのだろう。試合は序盤、ニッポンがブラジル相手であっても低い位置から勇気を持ってボールを回すという意思を見せて感心。これがブラジル相手にできるのは技術の高さに自信があるゆえ。
●ただ、そんな感動は前半半ばにはすっかり消え、その後はほとんどサンドバックのように攻められる展開に。個のレベルがあまりに違う。たまたま0対0の時間帯が長く続いただけで、4ゴールくらい奪われていてもおかしくない内容だった。ブラジル代表相手にはなんども経験しているパターンだけど、弄ばれているというか、やたらと股抜きパスを狙われたり、てめえら欧州の所属クラブじゃそんな遊び心は出さないだろうというプレイを見せつけられたり。いちばん悔しいのは、こちらが猛然と前線からプレスをかけようとすると、向こうはボールを回して軽々とプレスをはがし、プレスの背後に空いたスペースを突いてあっという間に決定機まで持ち込んでしまうところ。プレスに行ったらこっちが大ピンチって。赤面する。でも、いいんすよ、だって相手は別格のブラジル代表だから。
●ブラジル代表ってウィーン・フィルみたいな存在だと思うんすよ。その1、国の文化使節として世界中を回って興行をしている。その2、中のメンバーが変わっても全体のスタイルは守られる。その3、楽しそうにプレイする。ここにいるスター軍団も欧州の所属クラブでは強度マックスでバトルして、走って、守って、戦術的な規律にきちんと従っていると思うんすよ(ネイマール以外)。でも、ブラジル代表として集合すると、とたんにエンジョイ・フットボール・モードが発動して、選手間の距離は開き、エゴイスティックなドリブル突破やらおしゃれフェイントやら意外性のあるパスを楽しむ。あるところまではのらりくらりとパスを回しているのに、だれかが見えないスイッチを入れると急にプレイが早回しになって怒涛の攻撃を仕掛けてくる。まさにスペクタクル。こんな代表チーム、ほかにある? スコアはニッポン 0-1 ブラジルだったけど、そんな結果はどうでもいい。ひょっとしたらニッポンが引き分けたり勝ったりするする展開もあり得ただろうけど、そういう問題じゃないってことを見せつけられた。違うのはフィロソフィ。彼らは異次元にいる。

ショップ