June 15, 2022

ニッポンvsチュニジア代表 キリンカップ2022 決勝

チュニジア●吹田で開催されたキリンカップ2022の決勝戦は、ニッポン 0-3 チュニジア。チュニジアが完勝してしまった。セレモニーでキリンの「午後の紅茶」や「生茶」のパネルと並んで、キリンの偉い人とフラッシュを浴びるチュニジアの選手。勝負事だからなんの不思議もないのだが。
●3失点したが、チュニジアがニッポンのディフェンスを崩したのではなく、ニッポンがミスで失点を重ねただけ。1点目は吉田がペナルティエリア内で不必要なタックルをしてPK。2失点目はロングボールに対して吉田とキーパーのシュミット・ダニエルの息が合わず、相手にボールを奪われて失点。追いかける吉田が速度を落としたところで相手選手に入れ替わられたので、これも吉田のミスにも見えるが、多くのキーパーなら前に出てくる場面だろう。あれがふだんのシュミット・ダニエルのプレイスタイルなのかどうか知らないが、試合ごとにキーパーを入れ替えてテストしていると、こういうことも起きる。森保監督の気配り采配。3失点目は終盤に2点を追ってリスクを取って攻めた結果。
●やはり問題は攻撃。前半はこれまで同様、ホームのニッポンが快適にボールを回していて、予定調和的な展開を予感させていた。技術を生かして見映えのする攻撃を見せる。でも、枠内シュートはゼロだったんすよ。で、後半、失点した後は選手を入れ替えて、焦りを隠そうともしない猛攻を見せてくれたんだけど、でも、やっぱり枠内シュートはゼロだったと思う。あんなに三苫が切れ味鋭いドリブルを見せていても。チュニジアくらい堅い守備ができるチームを相手にすると、きれいな攻撃だけではなかなかゴールをこじ開けられない。チュニジアはニッポンの中盤の遠藤航を潰してショートカウンターの形を狙っていた。研究済みといった様子。
●ニッポンの布陣。GK:シュミット・ダニエル-DF:長友(→山根)、板倉、吉田、伊藤洋輝-MF:遠藤航、原口(→田中碧)、鎌田(→三笘)-FW:伊東(→堂安 )、南野(→久保)、浅野(→古橋)。伊藤洋輝を左サイドバックに使い、長友を右サイドバックに置いた。W杯本番では長友ではなく冨安がそこに入ると思いたい。パズルのようにテストが続くが、結論が見えないままテストがずっと続いている感じ。

このブログ記事について

ショップ