ドミノ・ピザ

Books: 2014年1月アーカイブ

January 28, 2014

「ブルクミュラー 25の不思議 なぜこんなにも愛されるのか」(飯田有抄、前島美保 著/音楽之友社)

ブルクミュラー 25の不思議●これはスゴい!とのけぞった一冊。ピアノ学習者の超定番教則本「ブルクミュラー 25の練習曲」を題材に、作曲家ブルクミュラーその人と受容史に迫る「ブルクミュラー 25の不思議 なぜこんなにも愛されるのか」(飯田有抄、前島美保 著/音楽之友社)。冒頭の二人の著者による対談で明かされるブルクミュラー熱のきっかけが最高におかしくて、たまたまブルクミュラーの話題になったら、「アラベスク」とか「貴婦人の乗馬」とかを次々と思い出して、しまいに25曲ぜんぶを「エアピアノ」で弾いて熱唱できてしまったという(笑)。バイエルやチェルニーだったらそうはならないんだけど、ブルクミュラーだったらこうなる。つまり、愛と追憶の対象になる。そこからスタートしたブルクミュラー探究の成果が本書で、「ブルクミュラーはバレエ作曲家だった!」とか、「天才とうたわれた弟ノルベルトがいた!」とか知らないことだらけ。ほんわかした体裁にがっつりとした研究内容が収められているのが吉。
●特にいいなと思ったのはウルトラ・ロングセラー「25の練習曲」に書誌学的な関心が寄せられているところで、各曲の翻訳タイトル一覧まで掲載されているのがおもしろい。同じ「25の練習曲」でも10種類以上の楽譜が出版されているわけで、それぞれの楽譜で「貴婦人の乗馬」が単に「乗馬」だったり「お嬢様の乗馬」だったりする。「スティリアの女」が「シュタイヤー舞曲」だったり「スティリエンヌ」だったりする。子供が手にする教則本だからこそ、こういう訳題にも単に「正しい翻訳かどうか」では決められない出版社の判断が滲みでている。

January 10, 2014

「書くことについて」(スティーヴン・キング)その3

書くことについて●(承前その1その2)昨年末に続いて、しつこくスティーヴン・キングの「書くことについて」(田村義進訳/小学館文庫)。この本のキングの自伝部分には、彼の最初の大ヒット作「キャリー」の出版時に、売れない貧乏作家が突然大金を手にすることになって、編集者との電話でキングがうろたえながら金額の桁数を確認する場面が出てくる。ここはアメリカと日本の出版システムの違いを感じるところ。
●この時点で「キャリー」はすでにダブルデイから出版されていた。契約金は2500ドル。70年代の基準でも安かったが、キングはこれに加えてペーパーバック権が売れることを期待していた。ペーパーバックの契約金は出版社と作家で折半という条件だったそうなので、もしうまい具合にペーパーバック権が6万ドルで売れたら、キングは半分の3万ドルを手にできる。キングはそんなふうに夢見ていた。3万ドルは当時彼が務めていた教職の4年分の収入だ。
キャリー●で、ダブルデイの編集者はキングに、「キャリー」のペーパーバック権がシグネット・ブックスに40万ドルで売れたと伝えた。キングが手にするのは半分の20万ドル。3万ドルを皮算用していたら、20万ドル(当時の彼の27年分の収入)と言われたわけで、桁数を確認したくなるのも当然だろう。すでにダブルデイから出ていた単行本がよほど強いインパクトをもたらしていたからこそ、こんな金額が付いたはず。日本では文庫でも単行本でも著者は重版ごとに部数に比例した印税を手にするのが普通なので、無名作家が契約段階でいきなりドカンと大金を手にすることにはならないと思う。もっともアメリカの仕組みも70年代と今ではずいぶん違うかもしれないが。

このアーカイブについて

このページには、2014年1月以降に書かれたブログ記事のうちBooksカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはBooks: 2013年12月です。

次のアーカイブはBooks: 2014年2月です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ