ドミノ・ピザ
August 13, 2008

「のだめカンタービレ」#21 ネタバレなし

のだめカンタービレ●最新刊ゲット。「のだめカンタービレ」第21巻。今回は帯に「夢色☆クラシック」でおなじみの佐久間学先生が登場。物語本編でも「クラシックライフ」の編集者とともにRuiの復帰コンサートを取材するためにパリ出張。なんてリッチな雑誌なんだ、「クラシックライフ」(笑)。あと佐久間学先生の使ってるICレコーダーがワタシのと同じっぽくて、少し嬉しい。オレもがんばってポエム読むぞ!と決意(ウソ)。
●話の本筋のほうはあれとかこれとかあって大いに盛り上がっております。Ruiにもっとも「のだめ」的なラヴェルのピアノ協奏曲で千秋と共演させるとか、演出的にも見どころ多し。
●スパム対策に今まで「の◎だめ」とか書いてたけど、今回からフツーに「のだめ」って書いてみる。いろいろ対策を講じたので。
曼荼羅交響曲もよろしく♪●で、クラヲタ的にはやっぱり千秋のこの選曲かと。黛敏郎の「舞楽」。パリのお客さんには大ウケ。いや、そこまでがんばらなくてもいいって気もするんだけど。amazonの「あわせて買いたい」コーナーに、黛と「のだめ」が並ぶかどうか、しばらく注視。

トラックバック(1)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/966

おやぢの部屋2 - のだめ21巻 (2008年8月13日 21:19)

 「のだめ」の第21巻、発売されたのはおとといのことでした。あいにく本屋さんに行く時間がなかったので、やっときのうゲット、きのうは「おやぢ」のローテー... 続きを読む

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「オリンピック横目観戦中」です。

次の記事は「オランダvsニッポン@北京五輪録画済待機中」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ