ドミノ・ピザ
November 28, 2009

「のだめカンタービレ」第23巻

のだめカンタービレ 最終巻、ではないの?●いよいよ最終話。「のだめカンタービレ」第23巻ゲット。中身は雑誌連載時にすでに読んでいるのだが、やはり改めて読んでおきたい。楽しい編集後記的なものも付いていることだし。
●まだ出たばかりだからネタバレは控えるけど、最後の最後は意外としんみり落ち着いたもので、味わい深かった。この二人はいろいろな面でスタートラインに立つというところで最終話を迎えたんだな、と。
●で、この第23巻でのだめと千秋の物語は終わるとしても、二人以外の登場人物たちの影が薄くなっててどうなったのかなと思っていたら、12月10日発売の「Kiss」24号から番外編「アンコール オペラ編」が始まるそうなんである。この「オペラ編」っていうのがスゴく気になる。そういえば本編にはオペラ成分が薄かったもんなー。楽しみ。

トラックバック(2)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1313

ついにシリーズ最終巻を迎えました。拍子の、ピアノを弾くのだめは、第1巻とは違って、迷いのない目線をこちらに向けた、いい表情をしているのが印象的です。 続きを読む

世界を衝撃の渦に陥れたのだめのデビューだったが、終わるやいなや抜殻となってしまったのだめ。「もう弾けない」またしても姿を晦ます。 エジプトくんだりまで南... 続きを読む

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「ベルク「ヴォツェック」@新国立劇場」です。

次の記事は「横河武蔵野FC、今季をJFL2位で終える」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ