June 15, 2010

ニッポンvsカメルーン。ホーム以外で初勝利ゲット!

ニッポン!●祝! つい昨日まで「どうせニッポンは3戦全敗ですよー」とか言ってて、岡田監督スマソ。ああ、これはもう信じがたいレベルの勝利。なんだろう、これ。もう踊るしかない! ウソ。いやでもホントかも。待て、落ち着け、自分。
●「ワールドカップ、日本戦なくてもぜんぜんおもしろい、やっぱりサッカーすげえ!」なんて少し思ってたがウソでした、いざニッポン代表の試合が始まると、とてつもなく重苦しい気分になり、これを味わえるのは自国代表が参加しているからだと気づく。ニッポンは守備的な布陣で慎重に試合に臨んだ。少し意外だったけど、カメルーンも同じくらい慎重だった。ほかの多くの試合と同様、相手のミスがあるかセットプレイが成功するか以外にはゴールが生まれにくいような膠着状態でスタート。いつもと違い、両サイドバックはほとんど上がらない。第三者からみれば凡戦そのものだが、当事者にとっては超スリリング。でもこんなふうにある意味世界標準の戦いができているという時点で、ワールドカップでの経験の蓄積が感じられて吉。前半は0-0で大満足だと思っていたら、39分、右サイドから松井が右足でフェイントを入れてから左でクロスボールを入れ、これがファーの本田にこぼれて、ワントラップから落ち着いてシュート。これが決まって1-0。
●後半はかなり早い段階からスペースができてしまい、防戦一方に。途中からカメルーンが徹底したパワープレイを仕掛けてきて、ニッポンはひたすらクリアするだけのサッカーだかなんだかわからない試合に。決定的なピンチをキーパーの川島やバーが救ってくれた。ロスタイムの4分間が長かった。1-0。ニッポンがホーム以外のW杯で勝利したのはこれが初めて。本当の意味での初勝利を味わった気分。
●岡田監督は大会の直前になってから、阿部を中盤の底に一枚入れる守備的な布陣を試し出した(そして中村俊輔をベンチに置いた)。まさかこんな段階で布陣を変えるとは……と思っていたら、今日さらに変更を加え、ぶっつけ本番で本田のワントップ(あるいはストライカーゼロのノートップ)で戦った。これが恐ろしく機能した。なにしろ本田のところにボールが収まる。本職の岡崎や矢野にはできないけど、本田にはできる。しかも慣れていないはずなのに、ヘディングで競り合ってもかなりファイトできる。これは本当に驚き。
●歴史的一勝なのでメンバーを。GK:川島永嗣、DF:駒野友一、中澤佑二、トゥーリオ、長友佑都-MF:阿部勇樹-遠藤保仁、長谷部誠(→稲本潤一)-松井大輔(→岡崎慎司)、大久保嘉人(→矢野貴章)-FW:本田圭佑。本田をはじめ、全員よかった。
●岡田監督って、これまでプロセスはともかく、結果を残すことにかけては日本人監督でも抜群の実績がある。今回もまたその異能を発揮してくれた。恐るべし。勝利の瞬間の岡田監督の表情が「救われた人」みたいな感じだった。
●残りの試合のことはいったん忘れて、勝利を祝いたい。

ニッポン 1-0 カメルーン
満足度 ★★★★★
伝説度 ★★★★

トラックバック(1)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1457

ワールドカップ南アフリカ大会第一次リーグの日本―カメルーン戦の テレビ中継を見た。カメルーンの状態が変で、だからというか負ける という気はしなかったのだ。 続きを読む

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「セルビアvsガーナ。ジャンプして片手でブロック。」です。

次の記事は「コートジボワールvsポルトガル、オランダvsデンマーク」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。