ドミノ・ピザ
November 8, 2012

ジュリアーノ・カルミニョーラ&矢野泰世@トッパンホール

●7日はトッパンホールへ。ジュリアーノ・カルミニョーラのヴァイオリンと矢野泰世のフォルテピアノによるオール・モーツァルト・プログラム。ヴァイオリン・ソナタからト長調K379(第27番)、変ロ長調K378(第26番)、へ長調K377(第25番)、イ長調K526(第35番)。「アウエルンハンマー・ソナタ」の3曲と成熟期の一曲を組み合わせたプログラム。これまでカルミニョーラはヴェニス・バロック・オーケストラとの共演でしか聴いてなかったんだけど、モーツァルトを弾いてもやっぱりカルミニョーラ。闊達自在、大胆でコントラストの鮮やかなモーツァルトを満喫。デュオなので、アンサンブルを従えてソリストとして登場するときみたいにフェロモン全開とは行かないけど、クラッとするような見得を切る瞬間がたびたび訪れてサービス満点。ムンムンしてる。
●トッパンホールへのアクセスはいろんなルートがあって公式サイトには最寄り駅として飯田橋、江戸川橋、後楽園が案内されている(あとは都営バスも)。これ以外に東西線の神楽坂という手もあって、トッパン→トーハン本社脇→音楽之友社脇と歩く出版業ルートで神楽坂に出ることができる。この三社以外にもこのあたりには印刷や製本、製版、取次など出版関連の会社が密集している。

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「最近聴いたCD&音源から」です。

次の記事は「ルプーのオール・シューベルト」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ