November 28, 2013

バイエルン国立歌劇場が日本向けにR・シュトラウス「影のない女」を配信。12/2、19時より

●昨シーズンよりインターネットを通じた無料ライブ配信をスタートさせたバイエルン国立歌劇場だが、12/2(月)19時より日本向けにR・シュトラウスの「影のない女」(新演出)を配信してくれる。これは現地では前日12/1の18時から上演されるもので、演出はクリストフ・ワリコフスキ、指揮は音楽監督のキリル・ペトレンコ。歌手陣はヨハン・ボータ(皇帝)、アドリアンヌ・ピエチョンカ(皇后)、デボラ・ポラスキ(乳母)、ヴォルフガング・コッホ(バラック)、エレナ・パンクラトファ(バラックの妻)他。今シーズンより映像はフルHD画質となり、字幕はドイツ語、英語、なしの三択可。
●収録にあたっては4~6台のカメラを用い、ステージとピットに40本のマイクを設置するのだとか。今回は時差なしで楽しめるということなので、なんとか時間の都合をつけてアクセスしてみたいもの。配信は以下から。

BAYERISCHE STAATSOPER TV
http://www.staatsoper.de/tv-japan

また、日本公式facebookページはこちら。
https://www.facebook.com/staatsopertvjp


●以下に予告編を。どぞ。てか、サムネイルが白いブリーフ姿で、そいつは別に見たくないんだが(笑)。

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「「iTunes ではじめるクラシック音楽の愉しみ」 (ONTOMO MOOK)」です。

次の記事は「マリノスvsアルビレックス新潟戦@Jリーグ」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。