ドミノ・ピザ
February 4, 2015

アギーレ日本代表監督解任

ヤタガラス●日本サッカー協会がアギーレ代表監督を解任。スペイン時代の八百長疑惑が明るみに出るにつれて、もうどう考えてもこれは解任だろうと思えたところに、アジア・カップで成果も出なかったということで、ついにというか、ようやくというか、解任に。正直言えば、ほっとした。これほどちぐはぐな人選をしたあげくに結果も出なかったというのはファルカン以来では。オフト以来、歴代代表監督人事についてはおおむねみんなすばらしい人選だなと感じてきたけど、ファルカンとアギーレだけは例外。大仁邦弥会長の発言によれば「違約金などはない」ということなので、だとすれば契約内容もしっかりと不測の事態に備えたものだったことになる。
前にも書いたけど、「サラゴサ会長からボーナス名目でアギーレや選手の銀行口座に多額の振り込みがあり、それが現金でいったん会長に回収され、レバンテ側に渡された」という話、つまりお金の動きの痕跡が残らないように、いったんボーナスとして口座に振り込んでおきながら、それを現金で回収するという流れは、どう見ても目的はひとつだし、報道にあったように不透明なお金の動きがすでに確認されているのなら万事休すだとは思った(アギーレ個人の関与度はともかく、八百長そのものについては)。でも結果的に無罪になったとしてもぜんぜん不思議じゃない。手出し無用の伏魔殿って気がする。
●で、問題は後任。Jリーグの現在の監督から引き抜きはしないということなので、なかなか人選は難しそう。ずっと「ご紹介」でやってきた代表監督人事が、ザッケローニ、アギーレと「世界市場で調達」になった感があったけど、急場をしのげる人となったらどうなるか。なんといっても現時点でフリーの人で実績のある人というのがかなり限られている。J経験者ならストイコヴィッチ? サポーターの納得感はある。あるいはオリヴェイラ……うーむ。城福浩説もあって、それはそれで期待できる。ひょっとして、まさかのザッケローニ再登板とか、まさかの岡田武史再々登板? いや、ないか。世界に目を向ければマガトもフリーか。マガトだったらかなりテンションあがる。

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「アルド・チッコリーニ逝去」です。

次の記事は「「ダンジョン飯」1巻(九井諒子著/ビームコミックス)」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ