ドミノ・ピザ
November 11, 2015

よく似た話

「街角の書店 (18の奇妙な物語)」(中村融編/創元推理文庫)はいわゆる「奇妙な味わい」の短編を集めたオリジナル・アンソロジーだが、このなかのカート・クラーク(ドナルド・E・ウェストレイクの別名)作「ナックルズ」を読んだときは思わずのけぞった。これって、以前当欄でも触れたアヴラム・デイヴィッドスンの短篇集「どんがらがん」(殊能将之編/河出文庫)収載の「グーバーども」と同じ話じゃないの。同じ話というのはいいすぎかもしれないが、アイディアはいっしょ(オチにかかわるので具体的には書けないが)。さて、これはどっちが先に書かれたのだろう?
●カート・クラーク「ナックルズ」の初出は1964年1月号のF&SF誌。アヴラム・デイヴィッドスン「グーバーども」は1965年11月、Swank誌。うーむ、かなり近い。これだけ見ると、デイヴィッドスンがカート・クラークのアイディアを拝借した可能性を排除できない。もっとも同工異曲といっても、仕上がりにはずいぶん違いがあって、デイヴィッドスンのほうがはるかに洗練されていて、鮮やか。オリジナリティをどっちに感じるかといえば、むしろ後発のデイヴィッドスンのほう。才気を感じる。
●アイディアを思いつくより、それを形にして、人を唸らせるような作品に仕上げることのほうがずっと難しいのだと改めて思う。

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「2016年 音楽家の記念年」です。

次の記事は「映画「ロイヤル・コンセルトヘボウ オーケストラがやって来る」」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ