ドミノ・ピザ
December 28, 2015

「くるみ割り人形とねずみの王さま」

●チャイコフスキーのバレエ「くるみ割り人形」のE.T.A.ホフマンによる原作は、これまでにもたくさんの翻訳があった。以前、当欄で河出文庫の種村季弘訳「くるみ割り人形とねずみの王様」を紹介したことがあったけど、大人向けで手軽に入手可能なものがイマイチないのが惜しいなあ……と思っていたら、光文社古典文庫から出ていた。「くるみ割り人形とねずみの王さま/ブランビラ王女」 (大島かおり訳/光文社古典新訳文庫)。訳文は明快。しかもKindle版だと現在セール中で半額で購入可。すばらしい。
●以前も書いたけど、チャイコフスキーのバレエを見たことがあっても、これがどういう話か説明しようとすると、いまひとつピンと来ないんじゃないだろうか。原作を読むと、くるみ割り人形なる登場人物の前史がわかる。主人公の名はマリー。バレエの主人公であるクララという名は、原作では別の名前として登場する。「あれは全部主人公の夢でした」という夢オチ的な展開は原作でもあるのだが、その夢から覚めた後にもう一息、話が続くんすよね。
●ちなみに今、Kindel版だと光文社古典文庫がごっそり半額になっている。これは強力。

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「メリークリスマス2015、プレミアリーグ篇」です。

次の記事は「2015年を振り返らない」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ