ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
March 17, 2017

「天界の眼 切れ者キューゲルの冒険」 (ジャック・ヴァンス・トレジャリー/国書刊行会)

●先日ご紹介した「宇宙探偵マグナス・リドルフ」「奇跡なす者たち」に続いて、国書刊行会から刊行されているジャック・ヴァンスをもう一冊。これが最新刊かと思うが、「天界の眼 切れ者キューゲルの冒険」を読んだ。いやー、これは痛快! 自称切れ者のキューゲルを主人としたピカレスク・ロマン。ろくでもないお調子者であり憎めない小悪党であるキューゲルが、行く先々で騒動を巻き起こす。楽しさという点ではヴァンスのなかでもピカイチでは。
●舞台はヴァンスお得意の「科学が衰退し魔法が効力を持った遠未来の地球」。この一冊だけに関して言えば、特にそういう背景設定がなくても、単純に魔法世界のファンタジーとして成立している気もする。連作短篇集の形をとっており、ひとつひとつのストーリーは完結しているが、全体としては旅と復讐の物語。「宇宙探偵マグナス・リドルフ」でもそうだったんだけど、ヴァンスってイジワルな話が好きなんすよね。登場するのは、笑う魔術師、食屍鬼、ネズミ人間、絶世の美女、巡礼者たち。華麗な異世界描写と底意地の悪いユーモアはヴァンスならでは。幕切れの鮮やかさにも舌を巻く。そこそこ出来不出来のある作家だと思っていたが、この一冊に関して言えば、ぜんぶ傑作なんじゃないかな。
●キューゲルものの短篇はほかにもいくつも書かれているようだが、いずれ翻訳されることはあるのだろうか。ぜひ読みたい。過去に刊行されていたヴァンスの主要諸作品も多くは絶版状態のようだし、新訳で復活してくれないものか。まあ、昨今の出版事情的には難しいだろうけど、この渇望感をどう満たせばいいのやら。

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「ヴィヴァルディとヴァーグナー」です。

次の記事は「小泉和裕指揮名古屋フィル東京特別公演」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。