Booksの最近のブログ記事

June 2, 2020

「探偵コナン・ドイル」(ブラッドリー・ハーパー著/ハヤカワ・ミステリ)

●シャーロック・ホームズ・シリーズのパスティーシュとして出色の出来だと思ったのが、「探偵コナン・ドイル」(ブラッドリー・ハーパー著/ハヤカワ・ミステリ)。ホームズその人ではなく、ホームズの作者であるコナン・ドイルを主人公としたミステリなんである。主人公が実在の人物であるばかりか、犯人も主人公に協力する脇役まで実在の人物。なんと、犯人はあの切り裂きジャックだ。ホームズ・シリーズ第1弾の「緋色の研究」を発表したコナン・ドイルのもとに、前首相から連続殺人事件の捜査に協力してほしいという依頼が届く。おもしろいのはコナン・ドイルが務めるのがホームズ役ではなく、ワトソン役だということ。ドイルは恩師であるベル博士の協力を仰ぐ。ベル博士は異様に鋭い観察眼の持ち主で、ホームズのモデルとなった人物。つまり、ホームズのモデルとなった人物が、ここではホームズ役を務めるのだ。
●コナン・ドイルがホームズ・シリーズを書いていた時代と、切り裂きジャックの事件は実際に重なっている。そしてドイルがホームズ第1作を書いた後、次作を生み出すまでには4年の空白がある。そこにコナン・ドイル対切り裂きジャックという想像上の対決の物語が組み込まれる。切り裂きジャックのニュース記事などは本物が引用されているし、後年のドイルは本当に探偵の仕事にも携わっている。史実からフィクションを創造する手腕が抜群にうまい。
●クラシック音楽で切り裂きジャックといえば、ベルクのオペラ「ルル」。ベルクのオペラは1930年代の作品だが、原作となったヴェーデキントのルル2部作「地霊」「パンドラの箱」は1897年と1904年の作ということで、まだ1888年の切り裂きジャック事件は記憶に新しいところだったのだろう。もっともオペラのなかでの役どころは微妙に「とってつけた感」があって、なんでそこに切り裂きジャックが登場するのかという違和感はある。切り裂きジャックだって自分が端役として描かれることには納得しないだろう。

May 28, 2020

「音楽が本になるとき 聴くこと・読むこと・語らうこと」(木村元著/木立の文庫)

●木村元著「音楽が本になるとき 聴くこと・読むこと・語らうこと」(木立の文庫)を読む。著者の木村元さんは音楽書の出版社アルテスパブリッシングの創業者のひとり。アルテスパブリッシングを立ち上げる前は音楽之友社で書籍編集を担当しており、長年にわたって良質な音楽書を世に出してきた。つまり、編集者が自ら書いた本がこちら。音楽と本のことについて語るならこの著者をおいてほかにいない。もとになっているのはアルテスパブリッシングのメールマガジンで連載されたエッセイ。大上段に構えたところはなく、すいすいと読めるのだが、根幹となっているテーマは音楽のあり方そのものについてであって、深いところに切り込んでくる。友人に宛てた私信のような、率直でゆるやかな音楽論。
●特に後半がおもしろい。「音楽との『出会い』はどこからやってくるのか」の章では、今やYouTubeが音楽を聴くためのツールになっており、CDを聴く人でさえSNS上でシェアするのはYouTubeのリンクだと指摘する。「SNSのタイムラインにおいては、音楽は画像として登場する」という一文に目からウロコ。

May 18, 2020

BRUTUS 2020年6/1号 No.916 「クラシック音楽をはじめよう」

BRUTUS(ブルータス)最新号の特集記事は「クラシック音楽をはじめよう」。同誌創刊以来初めてのクラシック音楽入門特集なんだとか。ワタシも協力させていただいたのだが、ウィルス禍であらゆる公演が中止になっているこんなタイミングに重なってしまうとは。もっとも、録音ならいつだって楽しむことができる。表紙がレコーディング専門アーティストだったグレン・グールド(と愛犬のニッキー)なのは、今の災禍に応じた人選なのか。それにしてもこの写真を見ると、グールドとニッキーの顔つきが似ていて、まるで兄弟みたいだなと思ってしまう。犬は飼い主に似る(?)。
●ワタシが携わったのは、まず挟間美帆さんへのインタビューで、クラシックとジャズの違いについて。原摩利彦さんへのインタビューでグレン・グールドについて。それとBook in Book「みんなのMYクラシックピースガイド」に寄稿。時節柄、インタビューはいずれもオンラインで(挟間さんはニューヨークなのでどちらにせよオンラインになるけど)。記事の書き手がだれであれ、雑誌のトーンを作るのは編集者。音楽誌とは発想の異なるBRUTUSならではのクラシック音楽特集になっていて、学びと発見が多い。

May 15, 2020

「7日間ブックカバーチャレンジ」まとめ

●出かけられないならお家で読書をしよう!ということなのか、SNS上で「7日間ブックカバーチャレンジ」が流行している。毎日一冊ずつ、お気に入りの本をコメントなしで表紙だけ載せて、7日間経ったらだれかにバトンを渡す、というのが基本ルール。といっても大半の人はなんらかのコメントを添えている。せっかくなので、自分が挙げた7冊をここにも置いておく。パッと本棚を眺めて目に入った、「これ最高におもしろかったなー」という7冊。あえて音楽書は選ばず。
●Day1 まずはイアン・マキューアンから1冊選ぶとすると「ソーラー」。最高にイジワルなんだけれど、実は愛のある名作。最後のページで震えた。

●Day2 傑作ぞろいのカズオ・イシグロのなかにあって、たぶん、あまり人気がないのがこの「充たされざる者」。でも最強の野心作。音楽家小説でもあり夢小説でもあり。

●Day3 予言的な終末小説を山ほど書いたJ.G.バラード。なかでも忘れがたいのが「楽園への疾走」。歪んだ環境保護運動からここまでの狂気を描き出すとは。閉ざされた社会であらわになる人間の本性を描くのがバラード。それが高層マンションなら「ハイ・ライズ」、高級リゾート地なら「コカイン・ナイト」、南国の孤島なら「楽園への疾走」。少年と成熟した女性の物語でもある。

●Day4 スポーツ・ノンフィクションの名著「マネー・ボール」。表側から見れば野球に統計学を持ち込んで割安な選手で勝利するというスポーツビジネスの成功譚なのだが、裏側から見ればスポーツ観戦オタクにとってのロマンそのもの。痛快。

●Day5 サイモン・シンほどわかりやすくておもしろい科学ノンフィクションの書き手を知らない。「代替医療のトリック」「宇宙創成」「フェルマーの最終定理」、どれもエキサイティングだったが、楽しさで一冊選ぶなら「暗号解読」。ナチス・ドイツの暗号機エニグマから古代文字「線文字B」の解読、さらには今日の量子暗号まで。量子暗号ってそういう原理か!と納得して、読んだ後すぐに忘れる……。

●Day6 ド定番、ガルシア=マルケスの「百年の孤独」。ワタシが読んだのは「新潮・現代世界の文学」の一冊で、本当は昔の装幀が懐かしいんだけど、今は新訳が出ている。学生時代に読んで頭が真っ白になった。途中から止まらなくなり猛スピードで読んでしまったので、いずれ落ち着いて再読を……と思いつついまだ果たせず。というか、今こそ読むべきなのかも。ちなみにこの名作の火星バージョンとも呼ぶべきイアン・マクドナルドの「火星夜想曲」も好き。

●Day7 ホラーの大巨匠キングに敬意を払って、ラストは「ニードフル・シングス」。一頃キングにハマって初期~中期の代表作は一通り読んだが、どれも本当におもしろい。読後感のよさで一作選ぶとこれ。「シャイニング」「呪われた町」「ミザリー」「IT」、みんなことごとくエンタテインメントに徹しているのが吉。ただ悲惨な話など読みたくないわけで、キングの「口当たりのよい怖さ」は一種の発明だと思う。

May 8, 2020

「鴻上尚史のほがらか人生相談 息苦しい世間を楽に生きる処方箋」(朝日新聞出版)

●人生相談って、どんな人なら書けるのかな……と思うと、数々の修羅場をくぐり抜けてきた人で、聡明で、他者への共感能力がある人ってことになるだろうか。自分が通ってきた道について有益なことを語るのは容易でも、まったく自分の人生で視野に入っていない悩みにきちんと答えることは難しい。「鴻上尚史のほがらか人生相談 息苦しい世間を楽に生きる処方箋」(鴻上尚史著/朝日新聞出版)みたいな本は貴重で、それぞれの回答に切れ味がある。
●「自分が他人に不寛容すぎてどうにしかしたい」といった悩みに対する回答が印象に残っている。ネット時代になって、みんな「自分がどう見られているか」「どれくらい評価されているか」を気にせざるを得ないようになった、でも世の中にはすごい人たちがいっぱいいる。自分が得意なことでも、もっと得意な人が簡単に見つかる。それが耐えがたいから「私は本当はこんなレベルじゃない」って思うようになる、って言うんすよ。以下引用。

 映画を得意気に評論しても、音楽を通ぶって語っても、文学にウンチクを傾けても、上には上がいて、潰されます。
 でも、唯一、潰されない言葉があります。
 それは「正義の言葉」です。
 正義を語っている限り、突っ込まれる可能性はないのです。否定されるかもしれないと 怯える必要はないのす。
 「ツイッターで未成年の飲酒を見つけた」「道路いっぱいに広がっている自転車がじゃま」「信号無視してる奴がいる」(中略)
  だから、「自分はこんなもんじゃない」と思い、けれど、何かを言って否定されたくない人は、「正義の言葉」を意識的にも無意識的にも語るのです。

●ニュースを眺めていたら「自粛警察」っていう破壊力のある言葉を見つけて、この本を思い出した。

April 23, 2020

「ヘルベルト・ブロムシュテット自伝 音楽こそわが天命」(アルテスパブリッシング)

●刊行時にうっかり読み損ねてしまっていたが、ようやく読んだ、「ヘルベルト・ブロムシュテット自伝 音楽こそわが天命」(アルテスパブリッシング)。聞き手はユリア・スピノーラ。ブロムシュテットのような真摯な音楽家が語る自伝がはたしておもしろいのかどうか、立派であるばかりで読み物としては刺激に乏しいのではないか……などと思うのなら、それは杞憂。実に興味深い。なによりマエストロの率直さがすばらしくて、自伝にありがちな自己顕示欲とは無縁。いい話ばかりじゃなくて、自分が過去に失敗した話とかも自然体で話せてしまう。たとえば、駆け出しの頃、チャイコフスキーの交響曲第4番でムラヴィンスキーばりの速いテンポを採用しようとしたら、オーケストラに受け入れてもらえなかった。そこで、ブロムシュテットは、他のさほど有名じゃないオーケストラと演奏したときはこのテンポで問題なかったとうっかり口にしてしまう。するとヴィオラの首席奏者がぼそっと言った。「ぼくらはこの作品を、あなたよりはるかに良い指揮者と演奏しましたよ」。なかなかこういう話はできないものだと思う。
●もうひとつ忘れられないのは、演奏水準の落ちてしまった楽団の首席指揮者を務めることになった際、首席ファゴット奏者に第3ファゴット奏者と入れ替わってほしいとお願いしたときの話。ブロムシュテットは精一杯の気づかいをしながら慎重に話をした。首席ファゴット奏者もその提案を受け入れてくれた。でも何年か経ってふたりきりになった場面で、その奏者から「あのときはあまりに辛くて自殺も考えたほどだった」と告白されてショックを受ける。職務に対する誠実さと人間的な思いやりとの間で、どれほどの葛藤があったことか。後年、ふたりは親友になったというのが救い。
●ブロムシュテットはアドヴェンティスト教会の敬虔な信徒なので、安息日は土曜日と定められ、この日はいかなる労働もできない(金曜日の日没から土曜日の日没までが安息日なんだとか)。だから子供の頃は土曜日は学校に行けなかったし、テストも受けられない。指揮者になってからもリハーサルは土曜日に行なえない。これでずいぶんいろいろな苦労があったようなのだが、師匠のマルケヴィッチとのエピソードには考えさせられた。師から指揮の機会をもらい、土曜にゲネプロをするように言われたのに、安息日だからできないと断るしかなかった。それで師は親切にもゲネプロを日曜の午前に変更してくれたのだが、そのとき「楽団員のほうが君よりはるかに立派なキリスト教徒だぞ」と言われたという。そう、日曜日が安息日のキリスト教徒の立場はどうなるのか。敬虔さと不寛容は紙一重とも感じる。

April 17, 2020

「ゴルゴ13 196 腐食鉄鋼」(さいとう・たかを著/リイド社)

●バッハの「マタイ受難曲」が登場すると聞いて、第196巻にして初めて「ゴルゴ13」を読んだ。すごい、ゴルゴ13。実質的に初めて読んだのに、ぜんぜん初めて読んだ気がしない! 昔からなじんでいるシリーズであるかのように、期待通りのゴルゴ。イメージ通りのゴルゴ。国際企業の諜報活動や国家の権力争いを舞台に、冷静沈着な凄腕スナイパーが活躍する。すごい安定感。
●「ゴルゴ13 196 腐食鉄鋼」に収められた「13番目の客」では、引退したCIAの職員がドイツ旅行に出かけたところ、同じツアーの客にゴルゴ13がいることに気づいて驚く(ツアー客にゴルゴ13……目立ちすぎだろっ!)。バッハ好きのその元CIA職員がホテルで「マタイ受難曲」を聴いて寛いでいたところに、ゴルゴ13が入ってきて尋ねる。「マタイ受難曲……バッハが好きなのか? ライプツィヒのバッハ博物館は行ったか?」。うおおおお、ゴルゴも「マタイ受難曲」が好きなのか! この一話はなんともいえないおかしみがあって好き。
●KING OSCARのオイルサーディンにゴルゴの絵がプリントされているのがあるんすよ。「ゴルゴサーディン」って。


April 16, 2020

「サッカー・J2論」 (松井大輔著/ワニブックスPLUS新書)

●音楽界から演奏会が消え去ったように、サッカー界からも試合がなくなった。しょうがないので本を読む。「サッカー・J2論」 (松井大輔著/ワニブックスPLUS新書) 。元日本代表で、38歳となった現在もJ2の横浜FCで現役を続ける松井大輔によるJ2論。というよりは、2部リーグ論といったほうがいいかもしれない。なにしろ松井は日本でのJ2経験だけではなく、ヨーロッパでの2部リーグ経験も豊富。彼の全盛期は欧州に移って最初のクラブ、ル・マン時代だと思うが、移籍当時のル・マンは2部リーグのクラブだった。ここで中心選手として活躍して1部リーグ昇格を果たした。その後はサンテティエンヌ、グルノーブルと移籍して、グルノーブルでも2部リーグを経験。ポーランド2部のオドラ・オポーレでもプレイしている。ワールドカップ・レベルの選手でこれだけあちこちで2部リーグを経験している選手はなかなかいないのでは。
●プレーヤー視点で見たJ1とJ2の違いは、われわれファンの感じ方と変わらない。J1ではきれいなパス回しからのゴールが好まれるのに対し、「J2は混戦から偶発性の高いゴールが生まれる傾向にある」「J2時代はロングボール中心の戦術で勝てても、J1になった瞬間にその戦術が通用しなくなるというケースは多い」。これはJFLになるともっと顕著で、中盤を省略してボールを前線に運ぶ利点はかなり大きい。それゆえにボールをつないで「きれいなゴール」が生まれたときの感動も大きいのだが。
●選手でなければわからないのはロッカールームや練習の光景。欧州の2部リーグでは「チームメイトとの会話も、だいたいがお金の話だ。移籍金はいくらなのか、年俸はどれだけ上がるのか。サッカーの理想について語る選手はいなかったと思う」。このあたりは日本とはずいぶん雰囲気が違いそう。練習も「選手たちはグラウンドで毎日のようにケンカしている。とにかくコンタクトプレーが多くて、手加減せずにぶつかり合う。だからヒートアップするのは必然で、すぐに胸ぐらを掴み合っての乱闘騒ぎが始まる。 そんな集団のなかに突然紛れ込んだ僕はひとたまりもない」。海外組の選手たちはそんな荒っぽい大男たちを相手にポジションを獲得しているわけで、改めて尊敬の念がわいてくる。
●現時点で欧州リーグ再開のめどはついていないが、無観客試合での開催が基本線となっている模様。サッカーでは観客席の密集や発声が避けられない一方で、放映権がビジネスの柱になっていることを考えれば、そういう話にはなると思う。しかし2部リーグ以下はどうなるんだろう。そして、Jリーグもおそらく無観客試合の方向に向かうのでは。2022年のワールドカップの開催地がカタールに決まったとき、中東ではスタジアムがガラガラでみんなテレビでしかサッカーを見ていないと揶揄されたものだが、なんとも予言的な選択をしたものだ。当分、サッカーは全世界的にテレビ(ネット)で見るものになる。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちBooksカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはDiscです。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

2020年6月: 月別アーカイブ

ショップ