ドミノ・ピザ
June 7, 2011

ベルリン・フィル来日公演2011

●11月のベルリン・フィル来日公演公式サイトが公開されている。TDKオーケストラコンサート2011と銘打たれており、結局サントリーホールで3公演が開かれることになった(当初オーケストラのサイトではサントリー2公演+ミューザ川崎となっていた)。演目はオーケストラ側の発表通り、プログラム1がマーラーの交響曲第9番、プログラム2がシュテファン・ドールのソロによる細川俊夫のホルン協奏曲「モーメント・オブ・ブロッサミング」(表記は「開花の時」にしないの?)とブルックナーの交響曲第9番他。指揮はもちろんサイモン・ラトル。
●それにしても同じホールでマーラー9番が2公演とは。どうせならプログラム3があってもいいんじゃないかという気もするが、中国・韓国を含むアジア・ツアー全体を2プログラムで乗り切るようだ。ツアー直前、ベルリンでもマーラー9番が演奏されるので(ただしこちらはラッヘンマンが1曲加わっている。DCHで中継あり)、オーケストラは11月の一ヶ月間、ずっとこの2つのプログラムを繰り返し演奏することになる。
●チケットは、2011年7月16日(土)発売とまだしばらく先。

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1718

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「ペプシドライ」です。

次の記事は「ニッポンvsチェコ代表@キリンカップサッカー2011」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ