ドミノ・ピザ
August 29, 2011

ベルリン・フィル2011/12年シーズン開幕

●8月26日にベルリン・フィルの2011/12年シーズンが開幕。ラトル指揮のマーラー交響曲第7番「夜の歌」。デジタル・コンサート・ホールでも生中継されたわけだが、facebookページのほうでもお知らせしたように、この日はスポンサーのドイツ銀行が無料で配信してくれた。日本時間だと金曜の深夜2時。最近夜更かしを止めたワタシにとってはしんどい時間であるが、がんばって頭のほうだけは見た。Twitter上でも思ったよりも多くの人がアクセスしていて、週末の2時開演なら人は来るんだなと感動。夏時間が終わって、これが3時開演となると相当厳しい。
●デジタル・コンサート・ホールはバージョンアップされていた。画質&音質のクォリティが3段階から5段階になっていて、デフォルトはAUTOの設定で、勝手に回線状況に応じて上がったり下がったりする(これは自分で固定に設定したほうがいい気がしたけど)。最高画質のときはあまりに鮮明でびっくり。あと、全般に画面が明るくなっていた気がする。サービス開始の頃から比べると、ずいぶん進化したよなあ。
●あ、そうだ、これは書き忘れてたからメモっておこう。今年のベルリン・フィルの来日公演、チケット発売日のことなんだけど、ネット上の代表的なチケットサービスをいくつか見た限り、10分ほどで3公演全席が売り切れたようだった。
●聴きたいものは聴けるときに聴いておかないと。

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1776

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「東京豪雨」です。

次の記事は「清水エスパルスvsマリノス戦など」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ