May 17, 2019

「モリアーティ」(アンソニー・ホロヴィッツ著/角川文庫)

●ようやく読んだ、アンソニー・ホロヴィッツ著の「モリアーティ」。モリアーティとはシャーロック・ホームズの宿敵として登場する悪の親玉。「最後の事件」でライヘンバッハの滝にホームズとともに転落する。実はオリジナルの「シャーロック・ホームズ・シリーズ」では、モリアーティは唐突に出てきて、あっという間に消える。というのも、このキャラクターは、もうホームズ・シリーズを書きたくなくなった作者コナン・ドイルがホームズを死なせるためにひねり出した人物。まったく投げやりに出てきたキャラなんである。ところが、コナン・ドイルはホームズ人気に負け、「実はホームズは生きていた」ということにして、結局シリーズの続きを書いてしまう。一方、モリアーティは原典での言及が少ないことがかえって想像力を刺激するのか、後世の人々が再創造したホームズ・シリーズで大活躍している。このホロヴィッツ著の「モリアーティ」もそんな一冊。ストーリーは「最後の事件」の直後から始まる。なんと、コナン・ドイル財団公認作品だ。
●ワタシは同じ著者の「カササギ殺人事件」に感銘を受けて、この「モリアーティ」を読もうと思ったのだが、だったら原典となるホームズも読んでみようとしたところ、すっかり原典のほうにハマって全部読むことになってしまったんである。やたらと長い迂回路を通って、やっと本来の目的地にやってきた。
●で、これが期待にたがわぬ傑作。「カササギ殺人事件」と同様にアイディア豊富で、構成は巧緻。さらに原典に登場するスコットランドヤードの警部たちが勢ぞろいするというサービス精神も吉。もちろん、原典を読んでいなくても楽しめる。ただし、amazonのレビューは一切読まないことを強く、強くお勧めする。

このブログ記事について

ショップ