Uselessの最近のブログ記事

December 21, 2020

大作曲家たちの微笑み

●Photoshop Elementsのメニューに「顔だちを調整」という機能があって、いったいなにに使うのか、ぜんぜんわからなかったのだが、「はっ」と思い立って使ってみた。作曲家の肖像画や写真って、やたらと渋い顔の人が多いので、この機能を使って口元をニッコリさせればよいのではないか。
ベートーヴェンベートーヴェン
「フフフフ~ン♪」

バッハバッハ
「これ、落としましたよ」


ワーグナーワーグナー
「お茶でも行きませんか。ムフ」


ショパンショパン
「今日の僕は絶好調だね」


マーラーマーラー
「昨日、いいことがあったんだよね」


シベリウスシベリウス
「早く口を割った方が身のためじゃないのかね」

●ワーグナーとか、いい感じで笑ってくれた人もいるけど、コワモテのシベリウスは微笑んだらかえって怖くなった。目が笑ってないし。

December 16, 2020

〆切は何日がいいのか問題

カレンダー2021
●原稿の〆切は月末に集中する傾向がある。月刊誌などで発売日から逆算して、〆切がたまたま月末になってしまうのであれば、まあ、しょうがない。しかし、特に進行上の必然性がないのに、なんとなく月末に設定されてしまう〆切も少なくない。これは、ずばり、損。なにもわざわざ混雑する場所に突っ込む必要はないだろう。昔から「5・10日(ごとうび)には道路が混む」と言われる。各種の締め日が10日とか20日とかキリのいい日に設定されることが多く、その影響で道路が混雑するということらしいのだが、月末〆切も似たようなもので、もっと分散したほうがお互いにハッピーになれる。
●そこで、特に何日でもいいような〆切は、他人と重なりそうもない素数の日に設定してみてはどうか。月末とか10日とか20日という〆切はよくあるが、7日とか11日という〆切はめったにない。素数日なら空いている道をスイスイと進むような快適さを体験できるのではないか。13日や17日という〆切もさっぱり記憶がない。19日、23日もなかなか新味のある〆切だ。続く素数日は、29日、31日。一か月のなかで最大の素数日は31日だ。キング・オブ・素数〆切は31日! イェーイ!

December 4, 2020

追悼 ディエゴ・マラドーナ(1960~2020)

●ディエゴ・マラドーナ逝去。サッカーの世界では次々とスーパースターが誕生するが、もうこのような存在は二度と現れないだろうと思えるのはマラドーナだけ。能力でマラドーナを超える選手が出てきたとしても、神話性でマラドーナに並ぶことは難しい。現代フットボールの世界で、「神の子」と呼ばれ、信仰の対象にまでなるような選手を想像できない。
●もっとも記憶に残るプレイは、やはりワールドカップ1986メキシコ大会における対イングランド戦の「5人抜き」と「神の手」ゴール。1986年大会は、本来コロンビアが開催権を持っていたが、これを返上したため、1970年に続いてメキシコで開かれることになった。フォークランド紛争の当事者同士による因縁の対決が準々決勝で実現。2つの伝説は間を置かずして訪れた。51分のマラドーナの「神の手」は、次のゴールがなければただの誤審でしかなかっただろう。しかし55分に伝説の「5人抜き」ゴールが誕生する。もうこんなプレイが飛び出したら、ハンドの誤審などどうでもよくなる。この試合で1点返したイングランドの選手が後に名古屋に在籍するリネカー。
●マラドーナの選手時代の頂点はナポリ時代だろう。84年にバルセロナからナポリに移籍して、南部の弱小チームを史上初めてセリエA優勝に導いた。でも、当時の日本では海外サッカー情報を得る手段が乏しく、ナポリ時代のことは後から知ったことばかり。セリエAとかナポリの位置づけもわかっていなかった。92年にセビリアに移籍した頃になると、リアルタイムの情報もなくはなかった。まだインターネット以前だったがパソコン通信を通じて、セビリアの試合結果をチェックしていたのを思い出す。が、得点者にマラドーナの名前を見ることはまれ。ナポリに訪れたような奇跡は起きなかった。薬物依存症がなければぜんぜん違ったキャリアがあったはず。
●一度、メッシがスペインリーグでマラドーナそっくりの5人抜きゴールを決めたことがあった。あまりにも似ていて、本当に驚く。ただ、メッシも左利きだけど、最後のゴールは右足で蹴っている。マラドーナは最後まで左足。

November 12, 2020

ほうじ茶ラテ、あるいはほうじ茶オレ

お茶とミルク
●最近、気に入っているのがほうじ茶ラテ。ほうじ茶のティーバッグが買ったままほとんど使われないままになっていたのに気づき、もしや?と思って試してみると、これがいい。飲むとほっとする。カップに牛乳を1/3くらい入れて、レンジで1分ほど温める。それからティーバッグを入れ、熱湯を注ぐ(ミルクティーもそうやって入れている)。で、さらに自分はスティックシュガーを加える。甘さが加わることで、いくぶん堕落したムードの飲み物になるのが好ましい。
●いや、待てよ。ほうじ茶ラテと言ったが、ほうじ茶オレではないのか、これは? カフェラテとカフェオレはぜんぜん別の飲み物だ。ワタシの理解では、カフェラテはエスプレッソにスチームミルクが入っている。カフェオレはコーヒーと温めたミルクが合わさったものだ。この場合、自分が飲んでいるのはほうじ茶ラテなのか、ほうじ茶オレなのか。ほうじ茶にはエスプレッソという概念はないと思うし、ミルクは普通に温めただけだから、どちらかといえばほうじ茶オレなのではないか。オレのラテは実はオレなのか。
●いやいや、それも違うだろ、ラテはイタリア語でオレはフランス語で意味は一緒だろう。カフェラテとカフェオレの本質的違いは、豆の焙煎度やミルクの温め方ではなく、コーヒー+ミルク飲料をイタリア風の様式で飲むかフランス風の様式で飲むか、といった話では。バッハにたとえるなら、イタリア協奏曲かフランス風序曲なのか。そう考えれば、ほうじ茶ラテなのかほうじ茶オレなのか、おのずと答えは出る。これはイタリアでもなくフランスでもなく、日本様式の飲み物だ。以後は「ほうじ茶牛乳」と呼ぶことにしたい。

April 1, 2020

日本三大海洋回文


●以下を日本三大海洋回文と定める。

軽いノリのイルカ

イカのダンスは済んだのかい

今朝食べた鮭


February 13, 2020

手作りチョコ2020 夢の島熱帯植物館篇

夢の島熱帯植物館
●今年こそ、手作りチョコに挑戦したい! でも、チョコレートの作り方なんてよくわからないし、カカオも見たことがない……。そんなチョコレート原理主義者にとって、強い味方となってくれるのが東京・江東区の夢の島熱帯植物館だ。場所は新木場駅からすぐ。下部リーグ・フットボール・ファンには、夢の島競技場の向かい側と説明すればピンと来るだろう。真冬でも一歩足を踏み入れればそこは熱帯雨林。ムンムンとした湿っぽい空気が歓迎してくれる。新江東清掃工場の排熱ですべてのエネルギー供給を賄うというエコな熱帯植物園である。
カカオが育っている
●そして、この熱帯植物園で神々しい姿を見せるのがカカオだ。本物のカカオ。そこに生息しているカカオ。まだチョコレートになっていないカカオ。そうか、カカオってこんなふうに実がなっているんだ。ここからチョコレートへの道のりは遠い。だが、カカオの実がなるには5年以上かかるという。それを思えば、この状態はもはやチョコレートまであと一歩ともいえるのではないか。
カカオ豆からチョコレートへ
●親切な説明も載っている。このプレートによれば、種子を発酵させて果肉を取り去りったものがカカオ豆であり、カカオ豆を炒ってすりつぶし、砂糖や香料を混ぜて練り固めたものがチョコレートだという。ああ、炒ってみたい!

December 6, 2019

わかりやすい文章を書く秘訣

●よくある誤解で、執筆者が自信を持って書いた原稿を編集者に送ったところ「これは難しすぎるから直してほしい、もっと平易な原稿をお願いしているのだ」と差し戻されてしまい、執筆者はいったいどこが難解なのか見当がつかず、ここにはぜんぜん難しい話など書いていない、おたくの読者にとってこの程度の話はまったく問題がないはずであり、これを難解と差し戻すとは編集者としての見識が疑われる、といったような反発が起きてしまい、機嫌を損ねた執筆者と途方に暮れる編集者の間で不穏な空気が漂う、そんな事故はそれほど珍しくないものであるのだが、なぜそんなことが起きるのかといえば、実をいうと編集者側は必ずしも原稿中に扱われる概念や思考の道筋が難解だと感じているわけではなく、本音では日本語が拙くて文章がわかりにくいからもっと上手に書けと要望しているのであるが、それを婉曲的に「易しくしてほしい」と表現しているだけなのではないか、そんな疑念がずっとつきまとっており、実際に記憶をたどってみれば思い当たる節がなくもなく、軽く身震いしながら認めるなら、わかりやすい日本語を書くことは本当に大切で、その内容がかなり込み入ったものだったり論理が飛躍したものであったりしても、日本語がきれいであれば編集者はしばしば「わかりやすい原稿をありがとうございます」と感謝してくれることすらある一方で、たんに目玉焼きのレシピを記したにすぎない原稿が日本語が整えられていないばかりに「難解すぎる」とダメ出しを食らう危険性は十分にあると確信しているわけで、それではどうやったらわかりやすく書けるのか、するりとスムーズに編集者に受け入れてもらえるのかといえば、それについてはかつて絶対的な真実をある偉大な先人から教わったことがあるので、ここに気前よくズバッと大公開しておくと、いわく、一文は長くならないように文章を短く切れ、それだけのことであるがまさしく極意と呼ぶほかなく、これほど有益なアドバイスをワタシはほかに知らない。

May 14, 2019

「いらすとや」素材に見る作曲家ヒゲ進化論

●図1 黒ひげ種

左よりビゼー、ドヴォルザーク、スメタナ。次第に退色してゆく様子が観察できる。ひげと頭髪のボリュームに負の相関がうかがえる。

●図2 白ひげ種

左よりリムスキー=コルサコフ、ブラームス、サン=サーンス。白ひげの色調に個体差は見られないが、形状の変化が観察できる。丸形の第一形態、尖角を持つ第二形態、先端が二方向に分岐した第三形態。

●図3 かつら種
bach_i.gif
左よりバッハ、ヴィヴァルディ、ヘンデル。バロック期に多く観察されたが、生態環境の激変により短期間で大きく個体数を減らした。白色かつらのボリュームが増えるにともなって、権勢を増したという説あり。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちUselessカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはNews2015です。

次のカテゴリはworldcup2006です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

2020年12月: 月別アーカイブ

ショップ