ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

Uselessの最近のブログ記事

June 21, 2017

山下達郎「拍手のタイミングがおかしい」事件について

拍手●少し前にSNSですごい勢いで拡散していたのが、この話題。大宮ソニックシティでのライブで、山下達郎がひとりのお客さんに対して「あなただけさっきから拍手のタイミングがおかしい。2500人の観客のうち、ひとりのために2499人が迷惑する。ライブは生き物。ひとりのために壊したくない」といったようなメッセージを述べて、「潮騒」をもう一度演奏したのだという。
●最初はずいぶん手厳しいなと思ったのだが、いろいろ読むと、なるほどそのお客さんの態度は常軌を逸したもので、その後のライブが台無しになってしまうのを防ぐために、山下達郎が熟慮のうえで注意をしたということのよう。なぜその客が異常な拍手をし続けたのかについては思うところもあってなんともいえないのだが、大半のお客さんが山下達郎に感謝したであろうことはわかる。
●それにしても、「拍手のタイミングがおかしい」と来たら。このフレーズから甘美な妄想が止まらなくなる。今まさにブルックナーの交響曲第8番で神のような名演がくりひろげられている。コンサートホールは大聖堂になり、聴衆は敬虔な信徒になる。見える、見えるぞ、オレには神の姿が! 「ミレド!」。その最後の一音が鳴り終わらないうちに盛大な拍手とフライング・ブラボーを放つひとりの客がいた。オーマイガッ! だがマエストロは客席を振り向いて、言い放った。「あなただけ拍手のタイミングがおかしい。どうかライブを壊さないでほしい。だから、もう一回、最初から演奏します!」。ウォオオオーーー!

February 21, 2017

かぞえてんぐとカウント伯爵

●NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」で、だいすけお兄さん卒業にともなって「かぞえてんぐ」コーナーも終了するという。かぞえてんぐは数を数えるのが大好きという天狗キャラ。数えているうちにテンションが上がってくる暴走気味のノリが特徴的なのだが、これってまさしくセサミストリートのカウント伯爵が元ネタではないの。と、最初に見たときから思っていた。
カウント伯爵●カウント伯爵の本来の名は Count von Count。Count(伯爵)を数えるにかけているのだが、さすがに日本語ではそこまで訳出できない。数を数えずにはいられない性分で、なんだって数えてしまう。よく好きな数字は~とかいって、その日の気分で任意の数字を挙げていたような気がするのだが、カウント伯爵にとって特別に大好きな数字は34,969なのだとか(BBC News)。34,969……なんで?と思うが、34,969は187の二乗だから好きだという。じゃあ、187はなんなんだ。はっきりしないが、17*11という素数同士の積になっているのがカッコいいから、という説に説得力を感じる。
●カウント伯爵は吸血鬼キャラ。吸血鬼には「数を数えたくなる」習性があることから、このようなキャラクターが生まれたのだろう。この習性を利用した吸血鬼対策として、ケシの種など細かなものを大量に撒いておくと、吸血鬼が思わず数えてしまい、数えているうちに夜が明けるというものがある。吸血鬼に限らず、怪異の多くには「数えずにはいられない」習性があるようで、一説によれば節分の豆まきも鬼に豆を数えさせるためなのだとか。
●ちなみにゾンビの直接的ルーツはリチャード・マシスン著の吸血鬼小説「地球最後の男」にたどり着くのが定説だと思うが、となると、ゾンビにも「数えたくなる」性質はないのだろうか。もしそうであれば、さっそく多量の豆やら種を用意しておくのだが。

January 18, 2017

最果ての原典主義

●あなたはムーミンのガールフレンドの名前を知っているだろうか。もちろん、知っているとも。ノンノンだ。そう即答するのはオッサンとオバサン。なんと、いつのまにか名前がフローレンに変わっていた。ムーミンとフローレン。ノンノンはもういない。
●ということを知って動揺したワタシは、あわててムーミン公式サイトにアクセスした。なにかのまちがいだろう、ノンノンがフローレンだなんて? そこで発見したのはさらに驚くべき事実だった。moomin.co.jpによれば、このキャラクターの名前はノンノンでもなければフローレンでもなく、「スノークのおじょうさん」なんである。いやいや待て待て、スノークはノンノンのお兄さんだろう、なのに「スノークのおじょうさん」はないだろう。そう思うかもしれないが、彼女の名前は「スノークのおじょうさん」としか書かれていない。
●どうしてこんなことになったのか。原作者のトーベ・ヤンソンはこのキャラクターに「スノークのおじょうさん」という呼び名しか与えていない。日本でアニメ化するにあたって、名前がないのでは困るということで(だいたい妹を「おじょうさん」とは呼ばない)、ノンノンというかわいい名前が与えられた。ところが原作者は「ノンノン」という名を嫌った(と、あちこちに書いてある)。それで、フローレン(ドイツ語のフロイラインから来ているのだろうか?)に改名された。でも、これだって原典にはない名前だ。だから本家公式サイトは「スノークのおじょうさん」で通しているのだろう。
●「スノークのおじょうさん」は正しい。でも「ノンノン」はかわいい。どっちを選ぶべきかは明らかだろう。それは、ウッ、ゲホッゲホッ……。

July 13, 2016

案外そうでもない

うどん●カウンター席に座って手打ちうどんを賞味していると、隣の男から独り言が聞こえてきた。「案外そうでもない」。しばらくすると、男はまた言った。「案外そうでもない……(ツルルルッ)案外そうでもない……フフッ」。男は麺をすすりながら、なんども同じ言葉を繰り返す。うーむ、困った人の隣に座ってしまった。面倒なことにならない内に、早く食べてしまわなければ。ズズッ。
●男は執拗に反復する。「うん、案外そうでもない」。いったいなにが案外そうでもないと言うのか。たとえばこういうことか。おいしいお店だという評判を聞きつけてやってきたが、食べてみたら案外そうでもなかったということか。そっと横目で観察するが、男の食べっぷりは特にうまいものを食べているという雰囲気でもなく、かといって味に落胆している様子でもない。でも、なにかが期待と違ったのだろう。ずっと言ってる。「案外そうでもない……(ツルルルッ)うんうん、案外そうでもない」。
●男のほうが先に食べ終わった。男はレジで会計を済ませる間も、まだ「案外そうでもない」とつぶやいている。で、その時、男の耳にイヤホンが入っているのに気がついた。あ、なんだ、この人、イヤホンマイクを使ってずっとハンズフリーで通話をしてたのか。独り言じゃなくて会話だったんだ。スマン、てっきり危ない人かと。
●と、合点してからはたと思ったのだが、延々と「案外そうでもない」を繰り返す会話って、どんな話なのか。「ヤバい」と「マジで」の二語だけで会話する男子高校生を効率性で上回っている。そんな反復で大人の会話が成立するとは到底思えないのだが、案外そうでもない?

December 17, 2015

真・手作りチョコ

カカオの木●手作りチョコの原料が市販チョコってどうなんすかね、それって手作りハンバーグの原料が市販ハンバーグだったり、手作りセーターの材料が市販セーターだったりする的な倒錯感がないっすかね、やっぱりカカオから作るのが本当の手作りチョコなんじゃないっすか……みたいな戯言を毎年のようにバレンタインデー近くになると言っているが、ここで朗報。福岡県飯塚市のチョコレート専門店「カカオ研究所」が、ベトナムの農園と提携してカカオツリーのオーナー制度を始めた。カカオの木のオーナーになると、一年間カカオの実が育つのを見守り、秋には収穫したカカオをチョコレートにして届けてくれるという。どうだろう、これで手作りチョコを作るってのは?
●「このチョコ、手作りなんだよっ♥ 」「へー、すごいね、どうやって作ったの?」「えーっと、まずベトナムの農園と提携してカカオの木を育ててぇ……」。
●来年のバレンタインには間に合わないが、再来年に向けて今から準備しておくというのはどうか>カカオ女子。

November 20, 2015

東京ヴェルディの「25万円でヴェルディの選手になれる商品」

●すっかりJ2に定着している東京ヴェルディだが、そういえば長らくヴェルディの試合に足を運んでいない。以前は味スタでのヴェルディ戦ってけっこう好きだったんだけどなあ、客席が空いてて。今はどんな雰囲気なんだろ。
●で、そのヴェルディが発売したサポ心をくすぐりまくるであろう新商品が「VERS(ヴェルズ)」と名付けられた高額サービス。25万円を払うとヴェルディの選手になれる。いや、なった気分を味わえる。12大特典というのがあって、主だったところを挙げると、自分の指定番号とネームが入ったユニがもらえたり、契約書調印式とか新入団会見を開いてもらえたり、ホーム開幕戦のビジョンで選手紹介してもらえたり(かなり恥ずかしいぞ)、スタジアム入りから選手入場までの疑似体験やらよみうりランド練習場で練習を疑似体験できたりする。どうだろう、お値段はともかく、なかなかいい線をいってるんじゃないだろうか。
●ただ、少し惜しいんすよ。ほとんど正解ルートのようでいて、微妙に隣のレールを走っている感、満載。で、もし自分だったらどんなサービスにクラッと来るかを考えた。まず、新入団会見とかビジョンで選手紹介とか、そういうプレスに取材してもらえる系とか他人様にアピールできる系の要素は不要。こういうのは人知れずこっそり浸りたい楽しみなのでは?
スタジアムで練習●逆にすごく惹かれるのは選手入場疑似体験とか練習疑似体験のほう。ここをさらに一段強化して、選手になりきりたい。まず、ロッカールームに自分の名前と背番号をいれてほしい。そこでジャージに着替えたい(もちろん自分の名前と番号が入っているヤツ)。そして、仲間たちといっしょにピッチに入場したい。子供たちにFIFAの黄色いフェアプレイ・フラッグを持って先導してもらう。FIFAのテーマが流れる。仮想でいいので対戦相手にも入ってきてもらう。エスコート・キッズと手をつないで入場する。そして、試合前の記念撮影だ。後ろの列で腕を組んで立ちたい。生涯最高に気合の入った顔で。
●そして、ピッチに入って、試合前の練習だ。本物のピッチで本物のボールを蹴りたいじゃないっすか。うわ、天然芝だ。フルコートだ。コーチにボールを転がしてもらってシュート練習だ。テンションがあがりまくって力んで右足を振り抜くと、ボールにカシュッってかすって、あらぬ方向にコロコロと転がる。そう、本物のユニを着て本物のピッチに立っているが、実際のオレはド素人のオッサンだ。だが、なにを気にするというのだ? とにかくなんでもいいからボールをゴールマウスに蹴りこむ。ボールがゴールマウスに収まったら、とっておきのゴールセレブレーションを披露する。長年にわたって脳内リハーサルを積んでいるだけに、レパートリーはほぼ無尽蔵にある。ここはオレの心のサンチャゴ・ベルナベウ。いや味スタか。まあいい、どっちでも。
●ぜひ仮想試合もしたい。前後半10分ハーフでいい(それ以上はムリだし)。本物の選手といっしょにチームを組みたいとまではいわない。スタッフや、同じサービスを申し込んだ仲間たちといっしょにチームを組む。ポジションはもちろんセンターフォワードだ。なりきりインザーギでオフサイドラインぎりぎりに立ち、狙うのはゴールのみ。知っている。実際にサッカーをすれば、最初の1分でイヤになる。フルコートってこんなに広いんだ。パスが来てもドヘタクソにはなにもできない。お願い、ボール来ないで、こっちに来ないで。チームスタッフのパス、強いよ、怖いって。ああ、せっかく夢のサンチャゴ・ベルナベウ(じゃない味スタ)に立てたのに、オレはなんて弱気になっているのだ。そしてなにひとつできないまま、ぜえぜえと息を切らせて10分ハーフの試合を終える。心の底から自分がどれほど無力かを痛感する。な? これがサッカーの醍醐味なんじゃね? 真の祝福の瞬間が訪れる。シャワーを浴びて、ロッカールームで着替えて、期待の新入団選手からただのオッサンに戻る。
●自分が考える、究極のサービスってこんな感じだ。

July 15, 2015

ひとつの視点だけで交響曲を聴く

●サン=サーンス
交響曲第1番「オルガンなし」
交響曲第2番「オルガンなし」
交響曲第3番「オルガン付き」
●ベートーヴェン
交響曲第1番「合唱なし」
交響曲第2番「合唱なし」
交響曲第3番「合唱なし」
交響曲第4番「合唱なし」
交響曲第5番「合唱なし」
交響曲第6番「合唱なし」
交響曲第7番「合唱なし」
交響曲第8番「合唱なし」
交響曲第9番「合唱付き」
●シューベルト
交響曲第1番「完成」
交響曲第2番「完成」
交響曲第3番「完成」
交響曲第4番「完成」
交響曲第5番「完成」
交響曲第6番「完成」
交響曲第7番(旧第8番)「未完成」
交響曲第8番(旧第9番)「完成」

June 2, 2015

絶賛される演奏会について

●(Twitterのタイムラインを見ながら)
……おっ、評判いいな、×××××指揮の○○オケ。だよなー。タイムラインがすっかり祭りになってるぜ。
この曲って、すごくいい曲だと思うんだけど、なかなかコンサートでとりあげてくれないんだよね。
たぶん、録音で聴くほど演奏効果のあがる曲じゃないからだと思うんだけど、でも×××××指揮の○○オケなら、かなりおもしろく聴かせてくれたんじゃないかな。
だから、この公演は僕もとても気になっていた。
絶対これは聴き逃せないと思ってさあ。
それで、かなり早い段階から注目していたんじゃなかったっけ?
売り切れると思って、チケット早めにゲットしてぇ……。えっ?
な、なんで、オレ、今日ウチにいてタイムラインを眺めてるわけ?
たしか、ここの引き出しにチケットが。(ぞわわわ……)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちUselessカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはNews2015です。

次のカテゴリはworldcup2006です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

2017年6月: 月別アーカイブ

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。