ドミノ・ピザ

2016年4月アーカイブ

April 28, 2016

ミハイル・プレトニョフ指揮東京フィルの「ペール・ギュント」全曲

●27日はプレトニョフ指揮東フィルで劇付随音楽「ペール・ギュント」全曲。字幕・語り付き。石丸幹二の語りに、ソールヴェイ(ソルヴェイグ)にソプラノのベリト・ゾルセット、ペール・ギュントにバリトンの大久保光哉、アニトラにメゾ・ソプラノの富岡明子、新国立劇場合唱団という歌手陣。「ペール・ギュント」といえば組曲版が名曲の宝庫で聴く機会が多いが、全曲を語り付きで聴ける機会は貴重。組曲版の曲想から受ける抒情的なイメージと、本来イプセンの「ペール・ギュント」が持つ奇天烈さとか風刺性との間には大きな距離がある、ということは認識してはいたけど、やはり実際に見てみないと。
●語りは声の調子を変えながら一人何役もこなして、物語世界を立体的に浮かび上がらせる。休憩込で2時間45分級という長丁場で、語りの比重が非常に大きいにもかかわらず、最後まで微塵も疲れを感じさせない。この安定感は驚異的。とはいえ、こんなに語りのワード数が多いとは。そしてこの台本の文体と語り手の話体がかなりの程度、舞台のトーンを決定するのだなと実感。オペラにおける演出と同等というか。
●で、組曲版だとわからなかった全貌が全曲演奏だとすっきりと見えるのかというと、必ずしもそうでもなくて、むしろコンテクストの喪失を感じさせる。当時のノルウェー人なら言わずともわかるところが、(少なくともワタシは)ピンと来ていないんだろうなーと思うもの。それはこの劇音楽に限らず、オペラであっても、もっといえば交響曲やピアノ・ソナタだってそうやって意味が失われていくものであるにしても。そこで台本にどれだけ現代性を持たせるかは悩みどころか。以前、別の楽団で全曲演奏をした際に用いられた台本原稿が手元にあったので帰宅してから開いてみたら、ずいぶんトーンが違っていて、いろいろな可能性を感じる。
●ソールヴェイ役のベリト・ゾルセットが歌うと場内の空気が変わる。清澄。出番は数曲に限られるけど、すごく効いている。オーケストラは厚みのある豊麗なサウンド。プレトニョフもノット&東響やパーヴォ&N響と同様の並びの対向配置を採用していた。
●第5幕冒頭の嵐の音楽は「さまよえるオランダ人」へのオマージュとでもいうべきか。バイロイトの「指環」初演にも立ち会ったグリーグのワグネリアンぶりを垣間見た思い。ベートーヴェン「田園」、ロッシーニ「ウィリアム・テル」序曲、メンデルスゾーン「フィンガルの洞窟」、ワーグナー「さまよえるオランダ人」、ベルリオーズ「トロイ人」~「王の狩と嵐」……と脈々と連なる嵐の音楽の系譜がここにも。

April 27, 2016

波ダッシュ効果について

●「~」によって表現に気持ちがこもる例。

あったか~い
つめた~い
ベ~ト~ヴェン


April 26, 2016

ジョナサン・ノット&東響の「ドイツ・レクイエム」他

●24日はジョナサン・ノット指揮東京交響楽団(サントリーホール)。今回もプログラムがすばらしい。前半にシェーンベルクの「ワルシャワの生き残り」とベルクの「ルル」組曲、後半にブラームスのドイツ・レクイエム。死の匂いが立ち込める前半と、死者を悼む後半。ナチスのユダヤ人虐殺が題材のシェーンベルク作品と、「ドイツの」レクイエムの組合せは、プログラムノートでノットが語るように「聴く者に和解の想念を抱かせる」。ソプラノはチェン・レイス、バス・バリトンと語りはクレシミル・ストラジャナッツ、東響コーラス。前半2曲のそれぞれの歌手が、後半に独唱者となって集うのは視覚的にも劇的で、プログラムのストーリー性を際立たせる。チェン・レイスは前半に深紅の衣装、後半は黒で登場。
●ドイツ・レクイエムは全般にゆっためのテンポがとられ、豊麗で、追悼というよりは希望の歌に聞こえる。ヴァイオリンが用いられない第1曲のくすんだ色調もあって地味な作品だと思っていたけど、少し印象を改めさせられた。この曲、なんというか、どん臭いところが好きなんだけど、ぜんぜんカッコいいではないの。
●「ルル」組曲って、ソプラノが第3曲で歌うときは魔性の女ルルを歌うんだけど、第5曲で歌うときはゲシュヴィッツ嬢になって「ルル、わたしの天使……」って歌うんすよね。オペラ本編を見てないとわけがわからなくなりそう。第5曲ではルルは切り裂きジャックに殺されているという謎展開。
●ノットと東響のコンビは毎回の公演が本当に充実している。いつも新鮮な感動があるんだけど、これはいつまで続くんだろう。

April 25, 2016

ピエタリ・インキネン&日本フィルの「惑星」他

●22日はインキネン指揮日フィルへ(サントリーホール)。ブリテンのヴァイオリン協奏曲(庄司紗矢香)とホルストの組曲「惑星」という、イギリス音楽プロといえばイギリス音楽プロ。ブリテン作品を聴けるのがありがたし。ヴァイオリン協奏曲は1939年、25歳で書かれた作品。この曲、自分の感じるところではブリテン度が薄いというか、ブリテンにしては少し乾いている。そこが魅力。鮮やかなソロに息をのむ。アンコールにスペイン内戦時軍歌「アヴィレスへの道」。
●「惑星」は、スペクタクルを追い求めず、むしろ端然として澄んだ演奏で、この曲が天文学的壮大さではなく占星術的な世界観に依拠することを思い出させてくれる。CM等でさんざん消費されているはずの「木星」中間部を聴いて、ぐっとくる。「海王星」おしまいの消えゆく女声合唱はP席上方の扉の向こうから。やがて扉が閉められ、(たぶん)合唱が移動して遠ざかりながらの念入りなディミヌエンド。もう終わらないんじゃないかと心配になった。そのままカイパーベルトまでずっと旅するんじゃないかっていうくらい。
●平日夜公演だったが、終演後に「アフタートーク」があって、インキネンが登場してソロでトーク。庄司紗矢香さんとは20年来の知り合いだそうで、ともにケルンにてザハール・ブロン門下でヴァイオリンを学んだ間柄なんだとか。「その頃はまだ庄司さんは14~15歳だったと思うが、すでにすぐれたヴァイオリニストだと思っていた、その後、自分はシベリウス・アカデミーで指揮を学び、ヘルシンキ・フィルで庄司さんと共演する機会があった。今回ついに東京での共演が実現できてうれしい」。今回の演奏会が首席客演指揮者としての最後の登場で、これからは首席指揮者として日フィルを率いる。

April 22, 2016

Google Play Music vs Apple Music 2016年春

●定点観測みたいなものだが、またもGoogle Play MusicとApple Musicを比較してみる。定額制ストリーミング・サービスとして、どちらもほぼ同じような音源を提供していて、価格も似たようなものだが、クラシックを聴くにはどちらがいいのか。
●以前はそうじゃなかったと思うんだけど、Apple Music (Windows版を使用)にも「作曲家名」のフィールドが表示されるようになったみたい。複数の作曲家の曲を収めたアルバムの場合、Google Play Musicだと個別トラックの作曲家名がわかるのに、Apple Musicだとわからないという不満がこれまであったのだが、これでこの問題はおおむね解消された模様。
●あと音源について。やっぱりApple Musicのほうが多くカバーしている印象がある。でも、これも微妙なところで、たとえば、Kazuki Yamada で検索してみると、こんな感じでヒットする。以下、レーベル別のアルバム数。

Apple Music:
Pentatone 3点、Exton 6点、Creston 2点、Aeon 1点、Fontec 2点、Denon1点、Mirare 1点

Google Play Music:
Pentatone 1点、Exton 8点

と、いったようにApple Musicのほうが国内レーベルでも海外レーベルでも広くカバーしている。特にPentatoneでの山田和樹指揮スイス・ロマンド管弦楽団との録音は、Apple Musicは最新アルバムまで3点全部聴けるのに、Google Play Musicは最初のビゼーしか聴けなくてがっかり。ただし、ExtonはGoogle Play Musicのほうがたくさんヒットするので、Apple Musicさえあればいいとは言えない。
●ま、金額的には両方とも契約したってCD1枚分くらいなんだから、どっちも使えばいいっていう結論はとっくに出ているのだが、どっちをメインで使うのかという問題。
--------
●あと番外編として、NMLは前にも書いたように日本語化がしっかりしているという点で、相変わらず独自の価値がある。これは単に「翻訳してあるからありがたい」っていうだけじゃないんすよ。むしろ表記に一貫性があることに意味がある。つまり、ストラヴィンスキーの「春の祭典」を探すときに、The rite of spring と Le sacre du printemps で2回検索しなくても、ただ「春の祭典」と検索すれば済む。この一覧性はApple MusicにもGoogle Play Musicにもない。

April 21, 2016

小林愛実ピアノ・リサイタル~ポーズ・デジュネ シリーズ Vol.1

●20日は東京オペラシティで小林愛実ピアノ・リサイタル。「ポーズ・デジュネ」と題されたシリーズの第1回で、平日昼11時半から約60分のコンサート。小林愛実さん、以前に聴いたときはまだ子供だったのに、いつのまにか大人になってて(といってもようやく20歳)、いまやショパン・コンクール・ファイナリストに。子供から若者になるのって、あっという間なのだなあ……。
●プログラムはモーツァルトのデュポールのメヌエットによる9つの変奏曲、ドビュッシーの「版画」、リストの「巡礼の年第2年 イタリア」から「ペトラルカのソネット」第123番とソナタ風幻想曲「ダンテを読んで」。情感たっぷりでロマン的な潤いの感じられるモーツァルトとドビュッシーに、渾身のリストが続く。アンコールにショパンのノクターン嬰ハ短調(遺作)。この一息で聴ける長さはいいっすね。これ以上長いとキツいし、これ以上短いと物足りない。
●おもしろかったのは、終演後に出演者によるフォト&サイン・セッションが用意されていたこと。サイン会はおなじみだけど、出演者と一緒に写してもらえるフォト・セッションがあるとは。これはお土産として秀逸かも。
●で、客席を見て思ったのだが、「平日昼の公演がリタイア層向け」だなんていうのはただの先入観にすぎないんじゃないだろか。若い人がたくさん来てるもの。年齢分布は上下にバランスよく広がっている感じで、普段のオケ定期よりよっぽど若いくらい。女性多め。現役世代の場合、昼は仕事さえ休んでしまえば自由に出かけられるけど、夜は子育て等で外出のハードルがうんと高くなるという人も多いはず。あるいは、昼だろうが夜だろうが関係なく、そのアーティストの客層が足を運ぶだけ、という可能性も否定しがたい。

April 20, 2016

レスターの奇跡まで、あと4節