2005年12月アーカイブ

December 30, 2005

アニヴァーサリー@2006、ただしモーツァルトを除く

ショスタコーヴィチ。忘れないでくれオレを●帰省ラッシュもスタート、ネット上からは人も減りはじめる頃。もういくつ寝るとお正月、これ微妙で2回かもしれないし1回かもしれないし、なかには全然このまま寝ない人とかいたり、3回も4回も寝ちゃう寝太郎ライクな人もいるかもしれんわけだが、ともあれ2006年。クラシック音楽業界的には大々的にモーツァルト生誕250周年である。あまりにモーツァルトの存在が大きすぎて、その陰に隠れちゃうかもしれないついてない人々を挙げてみよう。
●まずは唯一モーツァルトにちょっとは対抗できるかもしれない人。ドミトリー・ショスタコーヴィチ(1906-1975)生誕100年。お正月はぜひ「ムツェンスク郡のマクベス夫人」で祝いたい(ウソ)。メジャーどころではロベルト・シューマン(1810-1856)没後150年ってのもあるのだが、「没後150」ってのがちと弱い。それでも力強く祝うのならお正月はブログ立ち上げてeダヴィッド同盟を結成するが吉。
●ほかにもまだまだ、こんな作曲家たちが記念年を迎える。

アレンスキー(1861-1906) 没後100年
アリアーガ(1806-1826) 生誕200年
ミヒャエル・ハイドン(1737-1806) 没後200年。ヨーゼフ・ハイドンの弟。
ブルクミュラー(1806-1874) 生誕200年
パッヘルベル(1653-1706) 没後300年

 アリアーガは「スペインのモーツァルト」とも呼ばれた人なので、モーツァルトとセットで祝うのもいいかもしれない。ミヒャエル・ハイドンはヨーゼフの弟というただでさえ日の当たりにくいポジションにいながら、ここで今度はモーツァルトと重なり影が薄くなるというついてなさ。ブルクミュラーはどうか。記念音楽祭で延々とブルクミュラーを聴かされるとか弾かされるとか、そんな悪夢のフェスティヴァルがあったらイヤだ。パッヘルベルは没後300年。これもカノンを延々300回反復するとかって罰ゲームだよ、それじゃ。
●番外編。こんな人たちもいる。今後しばらく生誕100年は演奏家・指揮者が続々登場してくる、きっと。

アンドレアス・ヴェルクマイスター(1645-1706) 没後300年。オルガン奏者、音律論の人。
アンタル・ドラティ(1906-1988) 生誕100年。指揮者。
ピエール・フルニエ(1906-1986) 生誕100年。チェロ奏者。
パウル・ザッハー(1906-1999) 生誕100年。指揮者。同時代作曲家への委嘱多数。
ルキーノ・ヴィスコンティ(1906-1976) 生誕100年。映画監督、演出家。

December 28, 2005

1.5倍速でぶっ飛ばせ、いや飛ばさない

●プレスト! しばらく前に導入したウチのハードディスクDVDレコーダー、カリカリと今日も元気、快調にTV番組アーカイヴを構築してくれて、問題は録画することよりも再生であって、たまったものを見てるヒマなんかないんじゃないかと危惧していたのだが。名前どおりのスゴいヤツ、スゴ録、三段に割れた腹筋を浮き立たせて賞賛したい(腹筋ウソ)、1.5倍速再生なる機能がついているのだよ。1.5倍速の威力を思い知れ、なんとサッカー中継も90分が60分で決着ついてしまうビバ1.5倍速、ベートーヴェンの「第九」70分も47分でめでたく人類抱擁にたどり着くビバ1.5倍速、ハリウッド映画120分もあっさり80分でハッピーエンド到達で幸せは早いほうが吉だよビバ1.5倍速。だが、なんだ、この虚しさは。人生を1.5倍速で駆け抜けてしまいたいのか己は。否。次期スゴ録にはスローライフな0.5倍速搭載を希望。
●DHCさんのFROM 40にて「オトナのためのクラシック音楽入門」第11回掲載中。

December 27, 2005

「第九」の季節、脳内タイムスリップでフェイタル・エラー

フルトヴェングラー●年末だからといって「第九」を聴くということもないのだが、たまたま立ち寄ったレコード屋でフルトヴェングラーのCDがかかっていた。名盤中の名盤として崇められている一枚。ワタシはヒストリカル・レコーディングにはあまり興味がないんだけど、これは懐かしかった。はじめて買った「第九」のレコードだし。ぼんやり漫然と一小節、二小節耳にしただけでも「うわ、なんじゃこりゃ」と強制的に覚醒させられてしまうくらいインパクト極大。
●もしこの録音が80年代後半以降のデジタル・レコーディングで残っていたらなあ。そしたら、フツーに今でも聴くかも。まあクラシックでそんなこと言い出したらキリがないんだけど。でも、当然のことながら、リアルタイムでライヴを聴いていた人にとってはフルトヴェングラーもトスカニーニもメンゲルベルクも、窮屈でくすんだモノラル録音じゃなくて、フツーにクリアで色彩的でひょっとしたらブリリアントなオーケストラ・サウンドを聴かせていたはずなんである。だって、ライヴなんだから。もしフルトヴェングラーが現在生きている人だったら、サントリーホールにウィーン・フィルを引き連れてやってくるだろう。そのときにワタシらが聴く音は、音楽の質は違っても物理的音響的にはムーティやゲルギエフが指揮するものとなんら変わらない。
●その架空の来日公演を聴いて、ワタシはあの「第九」と同じような印象を受けるだろうか。たぶん、そうはならない。「あ、これは今までに聴いたことのない新しい音楽だ」って感じるような気がする。古いモノラル録音に対する想像力が普段から鍛えられてないから、全然別ものとして受け取ってしまうんじゃないか。

December 26, 2005

サンタさんとサタンさんはちょっと似ている

●Googleまでハッピーホリデイとか正しすぎる言い替えをしていたようで、しかも日本語訳としてカタカナ表記までしてくれていたのだが、わが日本ではクリスマスは休日ではなく、ハッピーホリデイなんてコトバはおかしいだろう、そいつは仕事納めまでとっておけっと言いたくなったのだが、なんと一般暦的には三連休だったのであった、今年のクリスマス。いや待て、違うな。Googleが日本語でハッピーホリデイと言っていたのは、天皇誕生日のことかも。
●そして週が開けて月曜を迎えてみると、いきなり年内最終週である。うわ、ドタバタ、もうホントに年を越すことになるのか、今週で。Bダッシュで進め。
●年末年始のクラシック音楽番組といえば、ベルリン・フィルのジルヴェスター・コンサートとウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートの生中継。放送予定はリンク先のNHKへ。ジルヴェスター・コンサートは27日から2000年~2004年の公演を再放送、大晦日深夜に生中継。ウィーン・フィル・ニューイヤー・コンサートは今回はマリス・ヤンソンス指揮。曲目はドイツ語でよければORFのこちらに。モーツァルト・イヤーということで、「フィガロの結婚」序曲やヨーゼフ・ランナーのワルツ「モーツァルト党」も演奏される。

December 22, 2005

クリスマスにいちばん見たいゾンビ映画はこれ! 「ショーン・オブ・ザ・デッド」

ショーン・オブ・ザ・デッド●ワタシはホラー映画が苦手である。特にゾンビもの。これは怖い。このジャンルの嚆矢となったジョージ・A・ロメロ作品以来、ゾンビ映画には数多くのトリビュート作品やリメイク作品が生み出されてきた。なかにはザック・スナイダー監督の「ドーン・オブ・ザ・デッド」のように、ハリウッド化されて文明批評の精神を失ったゾンビなどと揶揄される作品もあるようだが、ワタシなどはそれすら十分ショッキングで、怖すぎて正視できない。他にもダニー・ボイルの「28日後……」とか、「バイオハザード」なんかも「ゾンビ」の子どもたちなんだろうけど、どいつもこいつもじっと画面を見てられないのだ、恐怖と緊張に耐えられなくて。
●しかし! そんな怖がりなワタシにぴったりのゾンビ映画についに出会うことができた。朗報である。英国発、エドガー・ライト監督の「ショーン・オブ・ザ・デッド」。これはきわめてイギリス的なゾンビ映画である。たとえば主人公とゾンビの遭遇はいかに描かれるか。さっきまで平和だった街で、ゾンビが道の真ん中を歩いている。主人公ショーンはそれをちらと一瞥して、こう解する。あー、また真っ昼間から飲んだくれの失業者が歩いているよ。ゾンビはロンドンの風景に溶け込んでしまっているのだ。
●ショーンは電器店の店員。男友達と同居して、日々かったるく過ごす冴えないヤツである。出かけるとなると行き先は決まって行きつけのパブ。パブで同じくらい冴えない男たちと飲んでしゃべる。そんなショーンにも長年付き合ってるガール・フレンドがいる。彼女とのデートの行き先は? そう、やっぱりパブだ。とことん気の利かないオトコなのだ。彼女はうんざり。でも街にゾンビがあらわれた。ここでダメ男ははじめて自分の力で人生を切り開くことに目覚める。ゾンビと戦い、ガールフレンドを守り、ついでに彼女を両親に紹介したり、親子の関係を見つめなおしたりしながら、必死で一人前の男への階梯を昇る。これはゾンビ映画でありながら、なんと大人の男になるという成長の物語でもあるのだ。クリスマス直前12月23日に超廉価DVDとして発売される意味は明白である。家族と、あるいは恋人と、ほのぼの気分で鑑賞できるちょっぴりブラックなクリスマスにぴったりのゾンビ映画、それが「ショーン・オブ・ザ・デッド」なのだ。

December 21, 2005

師クリスマス走

●テレビで劇団ひとりが指揮棒振ってると思ったら、アラン・ギルバートだった。
須栗屋敏●そういえば、クリスマスといえば思い出した、「須栗屋敏先生のミスティック星占い~ クリスマスに絶対聴きたい。星座別ラッキー・ディスクはこれ!」。って、去年のネタなんすけどね、これがまあ全然ウケなかったんだけど(苦笑)、ワタシゃ須栗屋敏のミスティック星占いをレギュラーコーナーにしてやろうかと思うくらい意気込んで、渾身の横スクロールページを作ったんすよ。横スクロールするのにまずスタイルシートで作ってみて、いろいろ検討した結果、レガシーなHTMLでやったほうがいいじゃんしっかりしろよスタイルシートとか、勉強になったのだなあ。わが須栗屋敏先生はアストラル界へと旅立ったまま帰って来やしない。捨てる惜しいキャラだから、どっかでまた使おう。
●クリスマスもなんだが、年賀状っていうのもあった、年末年始イベント。いつもPCで全部仕上げて、フジカラーとかコダックのポストカード・サービス使ってるんだけど、今はデータ送信から発注までネットだけでできるからホントに便利。とはいえ、すぐにでも描いて発注しないと、年内に仕上がらない気がする。ヤヴァい。
●東京メトロ主要23駅で配布中のフリーペーパー「メトロミニッツ」の音楽ページにちょっとだけ協力、CLASSICAをご紹介いただいてます。

December 20, 2005

くるみ割り人形とねずみの王様

くるみ割り人形とねずみの王様●もうすぐクリスマス。となれば、チャイコフスキーのバレエ音楽「くるみ割り人形」が定番。ところであなたは「くるみ割り人形」の筋を言えるだろうか。ワタシはよくわかんなかった。クララ(またはマーシャ)がクリスマスにくるみ割り人形をプレゼントされて、夜中になるとネズミ軍団とくるみ割り人形部隊が戦闘して、でクララが人形を手助けして勝つ、するとくるみ割り人形が王子様になって、いっしょにお菓子の国に行って、えーと、それで楽しく踊って終わるんだっけ? で、ぜーんぶ夢でしたみたいなオチが付いたりとか?
●大元の原作、E.T.A.ホフマンの「くるみ割り人形とねずみの王様」からチャイコフスキーのバレエに至るまでは、間にデュマとプティパの手が入っているから、ずいぶん雰囲気が違ってるらしい。いや「らしい」ってのもなんだなと思って、ホフマン原作を読んでみた。これ、おもしろい! これが本来のメルヘンなんだと思うけど、なかなかダークな味わいがあって、かわいくもありグロテスクでもあり、夢もあるけど苦味もある。そもそもネズミ軍団とくるみ割り人形部隊はなぜ戦わなければいけなかったのか。その戦争にいたる歴史(笑)まで克明に記されていて抱腹絶倒。あと、原作だとこの戦闘で主人公マリー(バレエではクララまたはマーシャ)とくるみ割り人形は敗退するんすよ。王子様には簡単には会えなくて、そこに至るまでにマリーにもささやかな喪失があったりとか、子ども視点で見てもドキドキする物語になってる。もちろん夢オチなんていう即物的な結末にはならない。
●ちなみに、マリーとくるみ割り人形がお菓子の町チョコレート菓子市(コンフェクトブルク)に着いたところの描写、家々が砂糖菓子でできてて、レモネードとかの泉が吹き上げてたりするシーン、ここで「愛らしい小さな人間たち」が登場する。彼らは何千もいて、笑ったり、冗談を言ったり、歌をうたったりするとあって、まさにこれって「チャーリーとチョコレート工場」なんじゃないか!と思ったんだけど、あれは映画のほうしか見てないんだよなあ。
●チャイコフスキーの曲、どうせCDで聴くなら全曲盤。ゲルギエフ盤は80分以上を1枚に詰め込んでるのが吉、輸入盤のほうはジャケもクリスマス向き。

P.S. ワタシが読んだのは本文中写真にある種村季弘訳の「くるみ割り人形とねずみの王様」(河出文庫)。しかしこれはどうやら品切っぽい。大河原晶子訳「くるみわり人形」(ポプラポケット文庫)や上田真而子訳「クルミわりとネズミの王さま」(岩波少年文庫)などが入手しやすいようだ。

December 18, 2005

トヨタカップでビバ上戸彩(ウソ)

●うー、寒いっす。来てます、ニッポン列島に寒波来てます。一応、トヨタカップ(クラブワールドチャンピオンシップ)決勝を見ておくかと思って、日テレでリヴァプールvsサンパウロ。が、上戸彩(って誰?)とか福沢朗が出てきてアナウンサー氏とともにありもしない物語を次々と付加し、すっかり大会はテレビイベント化されていた。ま、しょうがないか。相変わらず、この試合がクラブ世界一を決める大会ということになっている。でも正式にFIFAの大会になったから、いずれ本当にそういう重要な大会になるのかも。
●サンパウロはアモローゾが出ていて、画面で元ヴェルディ川崎と紹介されているのがおかしかった。まちがってないけど。10代の頃だったか一時期ヴェルディに所属してて、「すごいブラジル人がいる」と一部でウワサになりつつも、当時の強豪読売軍団のなかで、たった一試合も出場することができないままひっそりと退団した。その後、イタリアやドイツで大活躍し、ブラジル代表まで上りつめたわけで、そんな才能をいちはやく獲得した読売クラブは慧眼だったというべきなのか、でもなんのために獲ったのか意味不明というか。
●しかし中継にブツブツ文句言いつつも、やっぱりサッカーはおもしろいのであって、試合が終わって喜んでるサンパウロの選手を見てたら、来年は見に行きたくなった。日産スタジアムを止めて国立にもどしてくれたらなあ! せめて埼玉。

December 16, 2005

ニッポンのW杯決勝T進出確率/小野伸二が浦和に復帰へ

●イタリアのガゼッタ・デロ・スポルト紙の予想では、ニッポンがW杯で一次リーグを勝ち抜く確率は40%であると。ブラジル90%、クロアチア50%、日本40%、オーストラリア20%というのだが、欧州メディアにしては意外とニッポンを高評価してくれているではないか。やっぱりナカタが活躍した国だからなのか。
●ワタシの感覚だとクロアチアが50%で日本が40%ってのはないなあ。もっと差がある。ブラジル90%、クロアチア60%、ニッポン30%、オーストラリア20%くらいだと納得できる。どう考えても二強二弱なんだけど、ニッポンだって30%くらいの可能性はあるから、十分期待できるよって感じ。ニッポンとオーストラリアの差は、ブラジルと対戦する順序、およびニッポンの監督がジーコであるということで。
●うーん、フェイエノールト、浦和レッズからの小野伸二移籍のオファーを承諾。公式サイトに書いてあるんだからまちがいないんだろう。ロッテルダム・フェイエノールトに4年半は長すぎた。いずれイタリアやスペイン、あるいはイングランドのビッグ・クラブに移籍するだろうと思っていたのだが、それにしても浦和に復帰してしまうとは。いろんな事情があるんだろうけど、正直夢がしぼむ。
P.S. →小野本人は寝耳に水だった模様。クラブ間では合意に達しており、フェイエノールト側が先走って発表してしまったようだ。

December 15, 2005

ヲタらしく脱ヲタせよ

脱オタクファッションガイド●そうかっ、この手があったのか!→メイド美容室@秋葉原。ヲタとして生きる者も、その魂はヲタであってよしとするが、外見は脱ヲタが必要、でもなー、勇気がなくて美容院いけません、髪なんかめんどくさいし千円カットで済ましちゃう、みたいな明確なターゲットがありあり、そしてこれはヤヴァいくらいヒットする予感。オサレってなに? 全然どうしたらいいのわからんぞ!って方には「脱オタクファッションガイド」なる書もあり、クラヲタ界でも話題沸騰(ウソ)。
●これもワタシの魂を揺さぶるニュースであったのだが、「コーヒー入りコーラ発売へ」。グレートあっぱれ。おそらく米国的にはダイエットという文脈に組み込まれるべきニュースだと思うが、こちらではカルトドリンク界待望の大型新人登場という話であり、あらゆるメーカーが失敗し続けている炭酸紅茶の夢を超えて、一気に炭酸コーヒーコーラという前人未到の領域に向かって力強くパノラマジャンプ!

December 14, 2005

ボハルデ伝説、ニートとしてのフットボール・プレーヤー