2022年8月アーカイブ

August 15, 2022

映画「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」(フレデリック・ワイズマン監督)

●Amazonプライムビデオでフレデリック・ワイズマン監督のドキュメンタリー映画「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」を観る。ワイズマン・スタイルのドキュメンタリーで、ナレーションもなければテロップもない。関係者のインタビューもない。効果音もないし、BGMも一切ない。音楽が鳴るのはその場で本当に音楽が奏でられているときだけだし、だれかが話している場面は本当にその場でだれかが話しているときだけ。ワイズマンのドキュメンタリーを観ていると、普通のドキュメンタリーの饒舌さに耐えられなくなりそうだ。3時間にわたって、ロンドンの美術館、ナショナル・ギャラリーの姿をさまざまな角度から映し出す。
●ワイズマンはナショナル・ギャラリー全館に3ヵ月間潜入して撮影したという。ただし、他の作品、たとえば「パリ・オペラ座のすべて」に比べれば知られざる舞台裏を覗いたという感覚は薄い。あるいは「ボクシング・ジム」ほど、予想外の視点を提供するものでもないと思う。それでもこの作品はとても刺激的だ。カメラがもっとも多くとらえているのは、学芸員たちによる展示作品の解説。これがさすがナショナル・ギャラリーで、どれもこれもわかりやすくておもしろい。本当の入門者に向けた本質的な解説というか。たとえば人々が文字を読み書きできなかった時代は絵画が物語を伝えていたのだとか、絵画の鑑賞が現代における映画のような娯楽だったとか、絵画には映画や本と違って時がない、だから時が流れない中でストーリーを語っているのだということとか(余談だけど音楽は時間の芸術だから対照的で、時が流れるのは強みにも弱みにもなると思う)。でも、それってナショナル・ギャラリーの質が高いのであって、ワイズマン関係なくない?っていう疑問も成立するかもしれない。しかし、ワイズマン以外の人が撮ったら、たぶんこうはならない、無遠慮なナレーションとテロップが侵入するから。
●あと中心的な題材となっているのは、絵画の修復作業。専門知識と職人技が要求される世界。修復はワニスの上からするから、何か月もかけた修復作業であっても、15分もあれば元に戻せるのだという。元に戻せるのが絵画修復の基本で、なにかあったら次世代がやり直せるようにする。
●途中、美術館のなかでピアノが演奏される場面が挿入されている。曲はベートーヴェンのピアノ・ソナタ第18番の第2楽章だ。意気揚々としたスケルツォに合わせて、次々と絵画が映し出される。知らないピアニストだったが、調べてみたらKausikan Rajeshkumarという人。美術館でピアノを聴くという企画が実際に行われていたようだ。
ヴァトー「愛の音階」
●もうひとつ音楽ネタとしてはヴァトーの絵画「愛の音階」を前にして、専門家たちが会話をしている場面があって、ここで女が手にしている楽譜はなんなのか、という話題があがっていた。譜面は読めるほどクリアに描かれてはいない。ひとりが、音楽学者に尋ねたところこれはギター用の楽譜でも歌の楽譜でもなく、実際の曲ではないだろうという見解を得たと語る。別の人物は今ウィリアム・クリスティ(!)に問い合わせているところだから、その答えを待ちたいと語る。楽譜の部分について、黒の絵具は溶けやすいこと、過去に修整されている可能性も考慮しないといけないという指摘があって、なるほどそういうものかと思った。
----------
●今週は夏休み週。当ブログも不定期更新で。

August 12, 2022

原田慶太楼指揮東京交響楽団 フェスタサマーミューザ KAWASAKI 2022

フェスタサマーミューザ KAWASAKI 2022
●11日はフェスタサマーミューザKAWASAKIで、「東京交響楽団フィナーレコンサート」。指揮は同団正指揮者の原田慶太楼、ソリストに昨年ミュンヘン国際音楽コンクールヴァイオリン部門で第1位を獲得した岡本誠司。プログラムが凝っていて、前半にコルンゴルトの組曲「から騒ぎ」抜粋とヴァイオリン協奏曲、後半に武満徹「3つの映画音楽」とプロコフィエフの「ロメオとジュリエット」抜粋。プレトークに原田慶太楼、岡本誠司、コンサートマスター水谷晃の三氏が登場して、プログラムの解題があったが、素直に受け止めれば映画音楽、シェイクスピア、亡命といったあたりが大きなキーワード。こういうときに協奏曲だけソリスト都合の無関係な曲になるパターンも少なくないわけだけど、しっかりと全体のプランに組み込まれているのは吉。
●コルンゴルトの組曲「から騒ぎ」からは序曲、花嫁の部屋の乙女、ドグベリーとヴァ―ジェス、間奏曲、仮面舞踏会(ホーンパイプ)の5曲。弦楽器8名と一管編成という編成で、ハルモニウム(リードオルガン)が加わって独特の色彩感を醸し出す。ミューザの広い舞台に小ぢんまりと劇場オーケストラが再現。喜劇の劇音楽ながら、曲想はときにリヒャルト・シュトラウス風だったりマーラー風だったりするのがおもしろい。最後の曲は擬古的。ヴァイオリン協奏曲では岡本誠司の独奏が圧巻。豊麗なロマンティシズムをたっぷりと味わう。ソリスト・アンコールにクライスラー「レチタティーヴォとスケルツォ・カプリース」。
●プロコフィエフの「ロメオとジュリエット」は組曲から7曲を抜粋。強烈にメリハリのきいた演奏で、ふだんより彩度5割増しくらいの感覚のくっきりと鮮やかなサウンド。ノットの指揮とはまた違った風貌の東響に。指揮ぶりはダイナミックで鋭角的。これだけ自分の刻印をはっきりと押せる人はまれ。最後が「ジュリエットの死」で、音楽祭のフィナーレとしてはずいぶんしんみりしているなと思ったが、アンコールで同組曲から「朝の踊り」が演奏されて華やかなムードで幕。感染者数が激増するなかでの音楽祭で、見えるところと見えないところでさまざまな苦労があったと察するが、どの公演も中止にならずに完走した。偉大。

August 10, 2022

東京オペラシティアートギャラリー「ライアン・ガンダー われらの時代のサイン」

「ライアン・ガンダー われらの時代のサイン」展示風景
●東京オペラシティアートギャラリーで「ライアン・ガンダー われらの時代のサイン」展が開催中(~9/19)。当初、2021年に開催が予定されていたが、コロナ禍により延期になっていた。延期になった海外アーティスト系企画が遅れて続々と開催される様子は音楽界と似たようなものか。パッと見、白と黒のモノトーン基調で気取った雰囲気に思えるが、機知に富んだ作品が並んでいて、かなり愉快。各作品のそばに説明はないので、入口で配布されるパンフは必読。展覧会全体の大まかなテーマは「時間」。
ライアン・ガンダー 「脇役」
●「ふーっ」といくぶんくたびれた様子で座っている女性がいる。作品の題は「脇役(タイーサ、ペリクルーズ 第5幕第3場)」(2022)。少し離れた場所には立っている男性もいて、そちらは「脇役(パルタザール、ヴェニスの商人 第3幕第4場)」。これらはリハーサルの舞台裏で出番を待つ脇役の姿。出番よりも待っている時間のほうがずっと長いといったところだろうか。等身大のグラファイト製の彫刻。
ライアン・ガンダー 「僕は大阪に戻らないだろう」
●あっ、壁の穴から5000円札がはみ出てる! しかもこれがゴソゴソと動くのだ。題は「僕は大阪に戻らないだろう」(2017)。なぜ大阪なのか。お札は本物に見えるのだが、だれも盗る人はいないのかと心配になる。奥にネズミがいるからお札が動いている、らしい。別の場所にやはり壁穴があって、ネズミが動いている作品がある(しかもしゃべる)。機会仕掛けの作品はいくつもある。ほかにJavaScriptのコードらしきものがプレートに刻まれた作品も。
ライアン・ガンダー 「ばらばらになった自然のしるし」
●これは月。題は「ばらばらになった自然のしるし(大多数は立ちすくんで気もそぞろに月を見つめる中、少数派は怒りに駆られてしるしを描く)」(2022)。パンデミックで移動ができない中、スタジオで目にした満月が描かれている。ゴミ箱の底に絵具を押し当ててプリントしたものだとか。月は一部ばらばらになっている。
ライアン・ガンダー 「最初の殉教者(乖離する物語)」
●ふと壁の下を見たら金庫の絵がある。「最初の殉教者(乖離する物語)」(2019)。ピカソの「青の時代」のスタイルで描かれているのだとか。無一文だった頃のピカソが、買えなかった家具の絵を壁に直接描いたという逸話があり、そこには貴重品をしまうための架空の金庫が含まれていたそう。かなり可笑しい。
●時間の都合もあり一部の作品を見逃してしまったので、期間中にもう一度、足を運ぶつもり。ここはコンサートホールに足を運ぶ際に、合わせて寄ることがほとんど。東京オペラシティArts友の会に入っていれば、会員特典で無料で入れる。なんてお得なの。

August 9, 2022

尾高忠明指揮大阪フィル フェスタサマーミューザ KAWASAKI 2022

ミューザ川崎
●5日夜はフェスタサマーミューザKAWASAKIで、尾高忠明指揮大阪フィル。配信ではなくリアルで。近年、同音楽祭は地方からゲストオーケストラを招いており、今年は大フィル。尾高忠明音楽監督たっての希望による参加だったとか。プログラムはラフマニノフのピアノ協奏曲第2番(イリヤ・ラシュコフスキー)とエルガーの交響曲第1番。これはもう大成功が約束されていると言ってもよい鉄板プログラム。特にエルガーはマエストロの十八番。
●イリヤ・ラシュコフスキーは数日前に小川典子との2台ピアノを配信で聴いたばかりだが、この日も鮮烈。高い技巧と強靭な打鍵を持ち、音色が常に澄んでいて爽快。濃厚なラフマニノフではなく、むしろスマートで粘らないのが吉。オーケストラも充実。 ソリスト・アンコールにスクリャービンの練習曲「悲愴」op8-12。浜松国際ピアノコンクール優勝をはじめ、とてもたくさんのコンクールの上位入賞歴を持つ人でもある。しかし彼はロシア人。今後のキャリアはどうなるのだろう。
●伝家の宝刀、エルガーの交響曲第1番は冒頭から情感豊か。全体としてはノーブルさよりも重厚さを強く感じる。大きなドラマが築かれて、これで充足できたが、アンコールにダメ押しのようにエルガー「威風堂々」第1番。一段と盛り上げてくれた。ところで、開演前のトークは聴けなかったのだが、マエストロからエルガーの交響曲とブルックナーの類似性について話があったらしい。ああ、なるほどなあと思う。そういえばこの日、休憩中の男性側トイレの行列がずいぶん長かった気がする(←そこかよっ!)。行列はともかく、たしかにブルックナーの交響曲にある神秘的な恍惚感に近い(でも少し違う)なにかがエルガーにもある。で、待てよ、最近、別の指揮者から似たような話を聞かなかったっけ……と記憶の糸をたぐって思い出した。サイモン・ラトルだ。ラトルもロンドン交響楽団のオンライン記者会見でエルガーの交響曲について話していたぞ。そう、たしかこんなふうに。「エルガーがもしウィーンに生まれていたら、きっとマーラーになっていたでしょう」。あっ! ブルックナーじゃなくてマーラーだった! すごい、エルガー! ブルックナーにもなれるしマーラーにもなれる!! スーパー・シンフォニストだっ!

August 8, 2022

ダン・エッティンガー指揮東京フィルの「シェエラザード」他

東京オペラシティ
●5日は東京オペラシティで東京フィル「平日の午後のコンサート」。指揮はダン・エッティンガー、ソリストに服部百音。平日の午後2時開演の人気シリーズで、チケットは早々に完売。トーク入りのコンサートながら内容はがっつりで、ワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲、ワックスマンの「カルメン・ファンタジー」(服部百音)、リムスキー=コルサコフの交響組曲「シェエラザード」。
●「マイスタージンガー」は金管楽器がかなり強奏するたくましいワーグナー。この傾向は「シェエラザード」でも同様で、剛健で豪快なサウンド。「カルメン・ファンタジー」では服部百音がキレッキレの独奏を披露。技巧もさることながら、集中力と気迫、攻めの姿勢が魅力。アンコールにパガニーニの「無窮動」。聴いているだけでも疲れてしまいそうな細かな動きが連続する曲だが、これも鮮やか。「シェエラザード」は華麗な色彩感よりも雄大豪壮なドラマを前面に押し出した演奏で、たっぷりとしたタメを入れるエッティンガー節が炸裂。おとぎ話的な曲の性格にも合っている。もうこれでお腹いっぱいだが、アンコールでロッシーニ「ウィリアム・テル」序曲の「スイス軍の行進」。客席は定期公演とは違った雰囲気だが、お客さんが本当に喜んでいる様子が伝わってくる。
●この「午後のコンサート」の売りは、演奏の合間に差しはさまれるトーク。高名な音楽一家である服部家の家庭の日常を語る百音さんのトークはかなり可笑しい。エッティンガーは英語で話す。で、綿谷エリナさんが司会兼通訳として入っていたのだが、通訳がスマートで感心してしまった。こういうステージだと、片手に台本、片手にマイクだからメモが取れないんすよね。これってけっこうなプレッシャーだと想像するんだけど(特に舞台上だと)、そこをサラッと自然にこなしていたのがすごい。

August 5, 2022

アラン・ギルバート指揮東京都交響楽団 フェスタサマーミューザ KAWASAKI 2022 [配信]

フェスタサマーミューザKAWASAKI、昨日に続いて配信でアラン・ギルバート指揮都響。2日に開催された公演。プログラムはプロコフィエフの「古典交響曲」、ビゼーの「アルルの女」抜粋、ラフマニノフの「交響的舞曲」。毎回このコンビに感じることだけど、ポジティブなエネルギーが充満していて、サウンドは澄明。「古典交響曲」はキレがあって軽快、「アルルの女」は第1組曲と第2組曲から選んだ5曲で、特に第1組曲「アダージェット」の深くロマンティックな表現が印象的。後半、ラフマニノフの「交響的舞曲」は昨日ラシュコフスキー&小川典子の2台ピアノ版を聴いたばかりだが、精緻で輝かしいサウンドに圧倒される。やはり傑作。この曲、開演前のトークでもアラン・ギルバートが話していたけど、第1楽章がNon Allegroなんすよね。これが謎。作曲者の意図はどこにあったのかわからないんだけど、だれの演奏を聴いても普通にアレグロ楽章だと感じてしまう。あと、このトークでギルバートは英語と日本語を交えながら話していて(通訳は入っていた)、かなり日本語ができるのだということを知る。3曲とも指揮棒なし。
●ビゼーの「アルルの女」とラフマニノフの「交響的舞曲」、共通項はサクソフォンが入ること。住谷美帆さんが好演。あと、フルートの首席にN響の神田寛明さん。この公演に限らず、最近、オーケストラの公演で他団からのゲストプレーヤーの姿をよく見かける。
-------
●お知らせを。小学館のファッション誌 Precious 9月号にふたたび寄稿。Precious ChoiceのMusicの1ページで、これから東京で上演されるオペラ3選をご紹介している。この雑誌、なにからなにまで超絶ラグジュアリーで、「へー、これステキだな」と思ったブラウスが15万4千円、パンツが24万2千円といった調子で、ワタシの知らない別世界がくりひろげられている。オールカラーで印刷も紙も超上質、厚みもあって最盛期の「レコ芸」より重いほど。なのに雑誌そのものはたったの990円! 雑誌じゃなかったら3000円はするだろうという豪華さ。

August 4, 2022

イリヤ・ラシュコフスキー&小川典子 フェスタサマーミューザ KAWASAKI 2022 [配信]

●今年もフェスタサマーミューザKAWASAKIはオンライン配信を実施中。アーカイブ配信もあるので、都合のつかなかった公演を後日聴けるのがありがたい。31日に開かれたイリヤ・ラシュコフスキーと小川典子のピアノによる「超絶技巧のロシアン・ピアニズム」を観る。プログラムはボロディン「だったん人の踊り」、ストラヴィンスキー「春の祭典」、ラフマニノフ「交響的舞曲」。すべて踊りの音楽であり、オーケストラの有名曲でもある。
●3曲ともにエキサイティングだったのだが、圧巻は「春の祭典」。当初、2台ピアノで演奏する予定だったところ、リハーサルの段階でより緊密なコミュニケーションをとれる連弾に変更されたのだとか。配信なので画も音も「近い」ということもあってか、これがすさまじい迫力。お互いの手の交差も頻繁で、猛スピードで難路を駆け抜けるレージングカーを見ているようなハラハラドキドキの連続。音楽的にも視覚的にもきわめてスリリング。マイクは譜めくりのペラリという音も逃さず、臨場感も尋常ではない。本来のオーケストラ版のダイナミックレンジや色彩感に代わって、リズムの弾力性や造形のシャープさ、小回りが利くゆえの敏捷性、そして民謡由来の歌心が前面に出てくる。
●ストラヴィンスキーに比べればラフマニノフはぐっとエンタテインメント性の高い音楽で、強靭かつゴージャスな響きを堪能。ワイヤーフレームで描画された骨格の見えるラフマニノフ。2台ピアノでも十分にカラフルな音楽であることを実感する。輝かしさ、躍動感はオーケストラ版の印象となにも変わらず。ボリューム感のある熱いプログラムだった。アンコールにラフマニノフの2台ピアノのための組曲第1番より第3楽章「涙」。
●配信ならではのオマケがあって、舞台袖のバックステージモニターが出演者の素顔をとらえているのがおもしろかった。ピアニストふたりの回だったので、お互いのやりとりがある分、生々しい感じ。舞台に出た瞬間にキュッとスイッチが切り替わる様子が伝わってくる。

August 3, 2022

夏の諏訪湖

諏訪湖 湖上
●早めの夏休みをとって諏訪湖へ。標高が少し高いので、夏場はだいたい東京より気温が4度ほど低い。つまり都内が33度で到底外に出る気がしないときでも、諏訪なら29度で快適に散歩を楽しめる、と狙ったんである。が、想定以上に気温が上がって実際には都内が36度で諏訪が32度くらいの感じ。まあ、それでも都内よりはずっと過ごしやすいのだが。遊覧船に乗ったり、湖の周りを散策したり、花火を見たりと、のんびりすごす。人口5万人の街。広々としていて、どこに行っても混んでいない。
諏訪湖
●観光案内等から、この街には「モデルとなった例の場所」があると知る。どうやらアニメ映画「君の名は。」の糸守湖のモデルとなったのが諏訪湖で、湖を一望できる立石公園がその筋で聖地となっているらしい。もうひとつ、湖以外でこの街で人気っぽいのが諏訪大社の四社めぐり。パワースポットなのか。観光案内所でどういう順番で巡るのがよいかを尋ねている人を見かけた。が、ワタシはどちらにも行かず、すわっこランドに入り浸っていたのであった。基本、地元民の憩いの場だと思うが、ここのプールはすごい。室内と屋外にプールがあるんだけど、室内プールはガラス越しに諏訪湖レイクビュー、屋外50mプールは雄大なマウンテンビューで、開放感が尋常じゃない。施設内で食事もとれるし、ジムも温泉もある。ぐうたらできる。

August 2, 2022

「夢幻諸島から」(クリストファー・プリースト著/早川書房)

●夏は名作を読む季節、読書感想文の季節。とはいえ、今年はあまり重いものを読む気になれず、なにか空想的な旅の気分を味わえる本はないかなと思って手にしたのが、クリストファー・プリーストの「夢幻諸島から」(早川書房)。夢幻諸島と呼ばれるおびただしい数の島々の観光ガイドブックという体裁をとっている。これがびっくりするほどのおもしろさ。この世界には「北大陸」と「南大陸」があり、諸国は軍事的な緊張状態にあるのだが、そのはざまで夢幻諸島は条約により中立を保っている。島々にはそれぞれ固有の文化がある。小説上の仕掛けとして、「時間勾配によって生じる歪み」のため正確な地図が作成できないという設定があり、島から島への移動は可能ではあるけど容易ではない。このあたりの旅のハードルを高くする設定が絶妙で、現在のウイルス禍と微妙に重なり合っている。そして想像力を刺激されて「さて、自分はどの島なら住んでみたいと思えるだろうか」とつい考えてしまう。
●で、最初は島々のガイドブックだと思って読み進めると、独立した短篇小説みたいな章がいくつも出てきて、この世界の文化や芸術に重要な役割を果たしている何人かの人物がくりかえし登場する。実質的に連作短篇集になっているのだ。読み進めると思わぬところで章と章がつながっていて、この世界にあるいくつかの興味深いストーリーが徐々に見えてくる。これが秀逸。
●特におもしろかったのが、あるパントマイム芸人の舞台上での事故を扱った物語で、この部分はミステリー風味。あと「大オーブラックあるいはオーブラック群島」の章。無人島だと思って上陸したらそこは最凶の昆虫が棲息している土地だったという怖すぎる話。忘れがたいのは「シーヴル 死せる塔」の章。大学を出て故郷の島に帰った青年が、かつての同級生の女性と再会する。ふたりはお互いの距離を縮め、冒険をともにするが、最後は意外なところに着地する。ノーマルではないけど一種のハッピーエンドだと思った。

August 1, 2022

「響の森」Vol.50「傑出のブラームス」 ~ 秋山和慶指揮都響、成田達輝、笹沼樹

●29日は東京文化会館で「響の森」Vol.50「傑出のブラームス」。秋山和慶指揮都響とヴァイオリンの成田達輝、チェロの笹沼樹が出演。プログラムはブラームスのヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲、交響曲第1番。二重協奏曲は冒頭から純度の高いシャープなサウンド。この曲ならではの漆黒のロマンティシズムに満たされた密度の濃いブラームス。交響曲と協奏曲と室内楽が一体となったような曲だが、そのすべての要素を楽しむことができた。成田達輝と笹沼樹のソロは鮮烈でエネルギッシュ。本当に息の合ったふたりで……と思ってハタと気づいたが、両人ともタツキじゃないの。これってドッペルタツキのドッペルコンチェルトってことなのか! ソリスト・アンコールがあって、ふたりでなにを弾くのかと思ったら、ヘンデル~ハルヴォルセンの「パッサカリア」。カッコいい。後半の交響曲第1番は名匠による堂々たるブラームス。マグマのような熱さと格調高さが両立している。充実の一夜。
-----------
●お知らせ。ONTOMOの連載「神話と音楽Who's Who」が一段落して、新たに「『心の主役』を探せ! オペラ・キャラ別共感度ランキング」という連載がスタートしている。よろしければご笑覧ください。ONTOMOではもうひとつ、イラストレーターの五月女ケイ子さんの「ゆるクラ」でもお手伝いさせていただいている。五月女さんのイラストが最高に味わい深い。こちらもぜひ。

このアーカイブについて

このページには、2022年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2022年7月です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ